ショアジギング

ショアジギングとは

ショアジギングタックル
ショアジギングタックル

ジグとは金属製のルアー(疑似餌)のことで、特にメタルジグという種類のルアーを使った釣りのことをジギングと呼びます。
ショアジギングとは、字の通りショア(岸)からおこなうジギングのことです。
ショアジギングで狙える魚はイナダ、ヒラマサなどの青物系がメインですが、他にもシーバス、ヒラメ、マゴチ、タチウオなど様々な魚を釣ることができます。岸から釣れるフィッシュイーターならだいたい狙うことができると考えていいでしょう。
メタルジグは他のルアーと比べると重く空気抵抗が少ない形なため他のルアーでは届かないポイントや深場を攻めることができるのが特徴です。
最近はライトタックルも人気とはいえ基本的には体力のいる釣りですが、パワフルな魚達とスリリングなファイトを楽しむことのできる釣りなのでぜひチャレンジしてみて下さい。

ショアジギングのタックル

ロッド

ジギングでは重いルアーを投げてアクションをつけますので丈夫なロッドを用意する必要があります。
ライトショアジギングならばシーバスロッドでも問題ありませんが、ヒラマサやブリなどの大型青物を狙うには専用のロッドが必要となります。
9~10ft(2.7~3m)が一般的な長さですので、普段行く釣り場(どのくらい遠投が必要かなど)や自分の体格に合ったものを選びます。
→おすすめのショアジギングロッド

ライン・リーダー

ショアジギングで使われるラインは多くの場合PEラインです。
なぜかというと遠投する釣りなため仕掛けの滞空時間が長く、同じ強度でより細いラインを使えるPEにするメリットが大きいからです。
また伸びの少ないPEラインはアクションをつけるのにも有利です。
使われる号数は1~3号で、釣りたい魚の大きさに合わせます。
ただ、PEラインは擦れには弱いので道糸の先端には1m程フロロカーボンまたはナイロンのリーダーをFGノット、ノーネームノットなどで接続します。

ショアジギ対応リール

ショアジギングでは普通3500~5000番台のスピニングリールが使われます。
キャストを繰り返しても疲れないようなるべく軽めのもので、高速巻きもについていくことのできるよう一回の巻き取り量が多く、大物にも対応できるドラグのしっかりとしたものが理想的です。
使いたいラインが150~200m巻けるものを選びましょう。
→おすすめのショアジギング用リール

ルアー

ショアジギングという名前がついているくらいなので当然メタルジグがメインで使われるルアーとなります。
使われるルアーウェイトは15~120gぐらいまでで、魚のいる飛距離、魚のサイズなどで使い分けます。
他にはペンシルやポッパーが使われることもあります。

釣り方

シーズン

地域により差がありますがショアジギングのメインターゲットであるヒラマサやブリ系の魚は夏~秋がハイシーズンとなります。
ただ大物は初冬や春先に釣れたりするのでインターネットなどでこまめに情報を仕入れておくといいでしょう。
青物は群れで回遊するので群れが入れば急に釣れ出し、いなくなれば全く釣れなくなります。

フィールド

ショアジギングは堤防、サーフ、河口から本格的な磯まで様々なフィールドで楽しめます。
ただ釣れる釣り場はある程度決まっているので、その釣り場での過去の実績を調べてから釣行するのがよいでしょう。

アクション

ショアジギングアクション
ショアジギングではタダ巻き、ジャーク、ジャカジャカ巻きなどがよく使われます。
タダ巻きは字のごとくダダリールを一定の速度(青物の場合高速)で巻いていくだけです。活性が高い時はこれで十分に釣れます。
ジャークはロッドを大きく煽って急にルアーを浮き上がらせるアクションのことです。
一口にジャークといって短いジャークを繰り返すショートジャークやロッドを大きく煽って長い距離を泳がせるロングジャークなど様々なアクションのつけ方があります。
ジャカジャカ巻きはショートジャークに似ていますが、ロッドを常に小刻みに振りながらリールを巻いていく方法で、青物釣りではよく使われます。

スポンサーリンク