ショアジギングロッド

shore

ショアジギングロッドの特徴

長さ

ショアジギングでは主に9~11フィートのロッドが使われます。
長い方が飛距離を出しやすくなりますが、ルアーに細かい動作を伝えるのは難しくなり、体力も消耗します。
釣り場の状況や自分の体格を考慮して選ぶのがよいでしょう。

硬さ

硬さの表記はメーカーにより多少ことなりますが、ショアジギング用として販売されているロッドには、M(ミディアム)、MH(ミディアムハード)、H(ハード)などの硬さが用意されていると思います。
これは扱えるメタルジグの重さであり、結局は狙っている魚のサイズで使い分けることになります。
感覚としてはM=ソウダガツオ、イナダ・ハマチ、サバ、サゴシ、MH=ワラサ・メジロ、サワラ、H=ブリ、大型のヒラマサ、カンパチぐらいな感じでしょうか。

シーバスロッドとの違い

ショアジギングロッドとシーバスロッドを比べると、基本的にショアジギングロッド方がより頑丈にパワフルに造られており、遠投に特化した仕様になっています。
ですがライトショアジギングと呼ばれるような軽めのメタルジグを使う釣りでしたらシーバスロッドを使うことはもちろん可能で、実際に使用している人もたくさんいます。
普通の地域で岸から釣れる40cm程度の青物ならパワー不足という心配はありませんので手持ちのシーバスロッドで適したものがあるならとりあえずそれを使ってみても良いでしょう。
逆に重めのルアーを使ったシーバス釣りやヒラメ釣り(エギングはさすがにキツイでしょうが)にショアジギングロッドを使用することも可能です。

おすすめのショアジギロッド

ショアジギングでよく使われるルアーロッドをまとめてみました。

メーカー モデル名 自重 カーボン 先径/元径 参考価格
メジャークラフト SPS-1062MH 10,900
ダイワ ジグキャスター97MH 240 96% 2.2/15.9 14,200
シマノ ソルティーアドバンスSJS1000M 220 94% 2.1/15.1 14,900
メジャークラフト CRK-1002MH 16,300
シマノ コルトスナイパーBBS1000MH 266 95.7% 2.2/14.5 21,900
メジャークラフト KGS-1003MH 21,000
ダイワ ジグキャスターMX96MH 260 96% 2.2/14.4 26,500
アブガルシア SXJS-1032H80-KR 257 98% 2.2/17.7 32,900
シマノ コルトスナイパーS1000MH 297 98.8% 2.2/14.5 35,800
ヤマガブランクス ブルースナイパー100MH 310 99% 42,000
シマノ AR-C TYPE XXS1000MH 260 98.9% 2.0/16.0 55,600
ダイワ ショアスパルタン100H 250 99% 1.8/14.9 57,000

1万円以下で買うならメジャークラフトのソルパラが断然おすすめです。
ショアジギングは割とハードな釣りなのでなるべく丈夫で折れにくいロッドを選びたいところです。

 

スポンサーリンク