エギングの基本

1、エギングロッド
2、リール
3、ライン・リーダー
4、仕掛け
5、釣り方

エギングとは?

エギングタックル
エギングタックル

エギとは小魚やエビをかたどって作られたルアー(疑似餌)の一種です。
元々は漁具として使われていたもので、水面に落した木にイカが抱きついてきたことから考案されたとも言われています。
漢字で書けば「餌木」で、当初は木製のものでしたが現在では様々な素材で作られています。
このエギを使ったルアーフィッシングをエギングといいます。
エギングのメインターゲットはアオリイカですが、他にもコウイカ、ヒイカ、ヤリイカ、スルメイカ、タコなどを狙うことができます。
難易度はけして低くありませんが小型のイカからキロを超えるような大型のアオリイカまでを狙うことのできる面白いな釣りなのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

エギングタックル

エギングロッド

バスロッドやシーバスロッドでもできないことはないのですが、シャクリを多用するエギングに合わせて造られた専用のカーボンロッドが多く発売されているのでこれを使うのがよいでしょう。
長さは7~9ft(メートルに換算すれば約2.1~2.7)まであり、釣り場の特性やイカのサイズによって選びます。
硬さも何種類かあるので使用するエギのサイズに合わせたものを使います。
エギングはシャクリ続けることが基本動作となるため、軽くて糸がらみなどのトラブルのおきにくいロッドを選びたいところです。
おすすめのエギングロッド

エギングに適したリール

エギングでは2~3000番ぐらいのスピニングリールが一般的に使われます。
専用のリールも発売されていますが、使えそうなリールを既に持っているなら流用しても大丈夫です。
エギング用のリールにはダブルハンドルのものが多いですが個人的にはシングルの方が使いやすいと思います。
使いたいラインが100~150m程巻けて、シャクルときに負担にならない軽いリールを選びましょう。
おすすめのエギングリール

ライン・リーダー

エギングではほとんどの場合PEラインと呼ばれる種類のラインが使われます。
PEラインとはポリエチレンの繊維を編んで作ったラインのことで、ナイロンラインやフロロカーボンラインよりも強度が高いためより細い号数を使うことが可能になります。
細い号数を使うことで空気抵抗を減らして飛距離を稼ぎやすくなりますし、ライン浮き、延びがほとんどないため緩急をつけたアクションを必要とするエギングでは圧倒的に有利となります。
しかしPEラインは擦れには弱いという弱点があるため、先端に1.5mほどフロロカーボンラインをショックリーダーとして接続します。
釣れているイカのサイズに合わせてラインは0.4~1.2号、リーダーは1.5~3号を使用します。
おすすめのラインリーダー

仕掛け

エギング仕掛け
エギング仕掛け

エギングの仕掛けはシンプルで道糸+リーダー+スナップ+エギで完成です。
エギには様々な色があり、ベイトや天候、昼夜などで使い分けます(どの色がいいかは一概には言えません)。
使われるサイズはアオリイカの場合主に2~4号で、狙えるサイズに合わせます。
エギには沈みやすさに応じてシャロータイプ、ディープタイプなどに分かれている場合があるので、釣り場の水深を考慮して選びます。
また、水深がすごく深い場合や潮のキツい場合は下の図のようにシンカーを追加して使います。
スナップは無くてもできないことはありませんが、あれば動きがスムーズになりエギの交換も楽になります。

釣り方

時期

アオリイカは夏に生まれて、次の年の春から初夏にかけて産卵を終えると基本的には死んでしまいます。そのため釣れるイカのサイズも季節によって全く変わってくることになります。
夏に生まれたイカが釣れだすのが秋口で、この時期はまだサイズが小さい代わりに数釣りが楽しめます。
冬になると深場に移動して余り釣れなくなりますが、春には産卵のため浅瀬にやってきます。この頃には大きいものだとキロを超えるサイズまで成長おり、スリリングなやり取りが楽しめます。
→アオリイカ以外のジーズンについてはこちらも参照

ポイント

磯でも堤防でも狙えますが、アオリイカは海藻に卵を産みつけるので、ある程度水深があって、海藻の生い茂っているところが好ポイントとなります。
堤防の場合を釣れた時につく墨の跡が無いかも確認してみて下さい。

アクション

エギング×釣り方
エギングアクション

アオリイカは目がよく好奇心が旺盛で派手な動きに翌反応します。しかし、その反面エサをとるのはあまり上手ではありません。
そこで派手なシャクリでイカを寄せて、ゆらゆらとフォールさせている間にイカにエギを抱かせようというのがエギングの基本的な動作となります。

スポンサーリンク