エギングロッド

エギングロッド

エギングロッドの特徴

長さ

エギング専用と銘打って販売されているロッドのおおよその長さは5.9~9ft(1.8m~2.7mくらい)です。2m以下はボートエギングで使われることが多いので陸っぱりの場合は8~8.6ftが標準的です。
ロッドの長さの違いは主に釣りの状況の違いに対応するためのものです。

  • サーフなどで飛距離を必要とする。
  • 海面から釣り座まで高さがあるがある。
  • 足元に根が多くて取り込みが難しい。

こんな場合は長めのロッドを選ぶのが良いでしょう。
逆に長いロッドのデメリットとしてはシャクるのに力がいる、細かいアクションがつけにくいなどが挙げられます。
また自分の体格にあったものを選ぶのが良いでしょう。

硬さ

メーカーによって表記は若干違いますが、エギングロッドにはライト(L)、ミディアムライト(ML)、ミィデアム(M)、ミィデアムヘビー(MH)、ヘビー(H)など様々な硬さのものが用意されています。
この違いは要はどれだけの号数のエギを扱えるかということなので、大きいエギで大きいアオリイカを狙う場合は硬い竿を、秋の小さいアオリイカや小型のイカを狙う場合は柔らかい竿を選べばオーケーです。
ロッドの硬さとエギの号数が合っていないと上手く操作できなかったり、折れてしまう原因になることがあるので注意しましょう。
2.5号~4号に対応していれば幅広く使えます。

シーバスロッドではダメ?

ダメということはありません。シーバスロッドでやっている人もいます。
ただエギングロッドは繰り返しシャクることを想定して軽量かつ丈夫つくられており、細いPEラインを使っても絡みの起きにくいガイドが採用されていることが多いなどやはり使いやすいです。
エギングロッドはバランスのいい竿などで、逆にライトなショアジギングやアジング、メバリング、チョイ投げなどに流用することも可能です。

人気のエギングロッド

入門ロッド

メーカー モデル名 自重 カーボン 先径/元径 全長 エギ 参考価格
ダイワ リバクラエギング862M 140 87% 1.6/11.4 2.60 2.5~3.5 オープン
シマノ SALTY ADVANC S806M 120 94.6% 1.7/11.6 2.59 2.5~4.0 12,450
ダイワ エメラルダス86M 120 88% 1.5/10.9 2.59 2.5~4.0 16,500
メジャークラフト クロステージCRK-862E 2.60 2.5-3.5 12,900
オリムピック GOSS-862ML-SJ 136 98% 1.6/11.7 2.60 2.5-3.5 オープン

中級ロッド

メーカー モデル名 自重 カーボン 先径/元径 全長 エギ 参考価格
シマノ セフィアBBS806M 97 95.5% 1.6/12.3 2.59 2.5~4.0 17,900
ダイワ エメラルダスMX 86M 110 96% 1.6/11.9 2.59 2.5~4.0 24,500
Abu SXES-862MH-KR 120 2.59 3.0~4.0 22,500
メジャークラフト XRS-862E 2.60 2.5-3.5 24,800

高級ロッド

メーカー モデル名 自重 カーボン 先径/元径 全長 エギ 参考価格
ヤマガブランクス Calista 86M/TZ NANO 99 99.8% 2575 2.5~4 47,000
エバーグリーン SSSS-86M 110 2.59 2.5~4号 42,120
ダイワ エメラルダスAGS86ML 102 97% 1.5/10.9 2.59 1.8~3.5 49,800
シマノ セフィアCI4+S806M 94 99.7% 1.6/13.1 2.59 2.5~4 37,600
ブリーデン SWG-SPECIMEN86 122 2.6 3.5 43,900

スポンサーリンク