エギングラインの基本とオススメ

PE?ナイロン?

PEラインの特徴として、1、飛距離が出せる、2、伸びが少なくアクションがつけやすい、3、感度がよくアタリがとりやすい、などが挙げられます。
エギングは、激しいアクションをつける釣りなので特に2のメリットが大きく、エギングをやっている人のほとんどはPEラインを使用しています。
近距離で釣る場合などはナイロンラインでも可能ですが、本格的にやるならPEラインをおすすめします。

太さ

エギングで使われるラインの太さはPEで0.4~1.2号です。
秋の小イカを狙うのか春の大型アオリイカを狙うのかで変わってきますが、あまり細すぎてもトラブルが起きやすいので初心者なら0.8号ぐらいを買うのがよいと思います。

イカは色を認識しているといわれますが、リーダーを接続するので気にする必要はありません。
夜釣りをすることも多いと思うので、自分が見やすい色を選びましょう。

リーダーとの結び方

PEラインは擦れに弱かったりするのでエギングでは先端にフロロカーボンのショックリーダー1.5mほど結んでラインシステムを組むことになります。
結び方はFGノット、ノーネームノット、電車結びなどが使われます。
電車結びが一番簡単ですが、すっぽ抜けが多いといわれているので大物狙いの時はやめておいた方がいいかもしれません。

ノーネームノット(8の字ぐるぐるノット)

ノーネームノット
ノーネームノット

①リーダーで8の字をつくる。
②8の字にPEラインを通して、スプール側に7~8回巻き付ける。
③ハーフヒッチで留めたら折り返して巻き付けていく。
④折り返したPEを8の字に通したら、口でPE支線、手でPE本線とリーダー本線を掴み、締める。
⑤PE支線を左右交互にハーフヒッチで編み込んでいく。
⑥最後だけ輪をつくり、内側に3、4回くぐらせ、締める。
⑦余計なラインをカット。

電車結び

電車結び
電車結び

①接続したい糸を平行に重ねる。
②片方の糸を折り返して輪をつくる。
③輪の内側の糸ともう一方の糸に端糸を4、5回巻き付ける。
④端糸と本線をゆっくりと引いて結び目をつくる。
⑤反対側も同じようにして結び目をつくる。
⑥両方の本線を引いて結び目同士を結合させ、余った糸を切る。

おすすめのエギングライン

PEラインは高いといわれていますが長持ちするので信頼できるメーカーのものを選びましょう。

スポンサーリンク