コウイカの釣り方と仕掛け

コウイカとは

コウイカは関東以南に分布するイカで、スミを大量に吐くことからスミイカとも呼ばる。
大きさは20~30cmくらいで、丸みを帯びた甲が特徴的。
内湾の砂泥地を好んで棲息し、春から初夏にかけては産卵のために浅瀬にやってくる。
似た種類にはシリヤケイカ、モンゴウイカ(カミナリイカ)がおり、同じ釣り場で釣れることもあり見分けるのが難しい。
釣りのシーズンは産卵期の春から初夏にけけてと、新子が成長し活発にエサを取る秋から初冬となる。
釣り方は、アオリイカとなどと同様のエギングか、スッテ仕掛けを用いた釣法。
身近な釣り場で釣れることも多く、ポイントも足元で釣れるので初心者やファミリーフィッシングにもおすすめ。
味もよく、刺身、てんぷら、イカ墨スパゲッティなど色々な料理に使える。

ポイント

比較的穏やかな堤防・港・岸壁

シーズン

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
× × × ×

※一例です。地域等によって変動します。

釣り方

スッテ仕掛け

コウイカ仕掛け
コウイカ仕掛け

竿は磯竿の2~3号か、軽めの投げ竿、ルアーロッドなど手持ちのものでかまわない。
ラインはPEの0.8~1.2号くらいで、リールは小型のスピニングリールを用意すればオーケー。
仕掛けの幹イトにはフロロカーボン3号を使いこれをミツマタサルカンに結び、サルカンのもう一方には10~15cmに切ったフロロカーボン2号を結びスッテを付ける。
スッテにはシャコやキビナゴなどの小魚を巻きつけておくのが効果的。
釣り方は、足元に落すか軽く投げ、ゆっくりと仕掛けを上下させてやるだけでよい。
イカが乗っても強いアタリは無く、ずっしりと竿が重くなる。コウイカは釣れると大量のスミを吐くので周りの人に迷惑がかからないよう注意。

エギング

エギングタックル
エギングタックル

タックルはアオリイカのエギングと同じもので特に問題ない。
ただ釣り方は違い、コウイカは海底付近にいることが多いので派手なシャクリは不要でボトムを意識して攻める。
ヒットするのはほとんど低層付近なのでシャクリあげたエギは必ず底まで落とすのがよい。
エギはディープタイプのものを使うかスナップでオモリを追加するのがおすすめ。
アオリイカと違ってギャフでは取り込みにくいので、タモ網があると便利。最も大型は少ないので抜きあげても問題はない。
エギングで使うロッドやリールについてはこちらも参照。

スポンサーリンク