とっとパーク小島

スポンサーリンク

とっとパーク小島のポイント

とっとパーク小島ポイント図

とっとパーク小島

釣り場概要

大阪府泉南郡岬町、和歌山から大阪府に入ってすぐのところにある海釣り公園。
関西国際空港埋め立て土砂の積み出し用のものを再利用したという長い桟橋が沖へ延びており、様々な魚を狙うことができる。
 
とっとパーク小島で釣れる魚は、カレイ、メバル、ガシラ、カワハギ、アジ、ハマチ、タコ、アオリイカ、コウイカ、チヌグレ、マダイ、ヒラメ、タチウオ、シーバスなど。
 
サビキ釣りではアジやサバなどがターゲット。足元から水深があるため釣りやすい。
 
時期によってはハマチなどの青物も回遊する。釣り方はカゴ釣りが主流だが、メジロクラス以上の大物狙いにはアジの泳がせも効果的。
 
カゴ釣りではマダイもよくヒットする。
 
利用料金は大人1500円、子供750円。開園時間は3~11月が午前6時~午後8時、12~2月が午前7時~午後6時となっている。

とっとパーク小島の釣果情報をチェック

 
とっとパーク小島の天気・風・波をチェック

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

スポンサーリンク
魚速報

  1. 入場するのに料金がかかりますが、ここは大阪の中でもとても多くの魚種を狙えるのでとてもオススメです。
    釣り場としてもとても安全で、子供を連れて行っても朝から一日中釣りを楽しめます。
    しかしとても人が多いので投げたり釣り上げたりするときは結構気を使いますが、ファミリーで行くのであればとてもオススメです。

  2. 潮の通しがよく、魚種も多彩なポイントです。
    イカ系も魚影が濃く、エギングで狙いました。桟橋全域で釣れますが、私がよく釣るポイントは、桟橋の内側です。桟橋は真ん中で分かれていて、大阪側と和歌山側で釣りができるんですが、その分かれている所にイカが溜まっている事が多いです。
    その他にも、夕方以降のサビキでは20〜40センチのアジが釣れました。

    人気のポイントでいつも混みます。いい釣り座を確保したいのであれば、開園30分前には行って列に並ぶことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました