目黒漁港

目黒漁港のポイント

目黒漁港ポイント図

目黒漁港


釣り場概要

北海道幌泉郡えりも町にある漁港。
大小様々な魚を狙うことができ人気の高い釣り場となっている。

目黒漁港で釣れる魚は、チカ、キュウリウオ、クロガシラガレイ、コマイ、アイナメ(アブラコ)、アメマス、カラフトマス、サケ(アキアジ)など。

サビキ釣りでは秋から春にかけて良型のチカが狙える他、夏場にはキュウリを狙ってみても面白い。

投げ釣りではカレイ、アブラコ、コマイなどがターゲット。特にコマイは魚影が濃く、数十匹、時には百匹単位の数釣りが楽しめることも多い。

サケは8月中旬から11頃までがシーズンで、この時期になると鮭釣りの人で賑わう。ただ隣の猿留川河口には5月1日から11月30日にかけて左右沖合300mの河口規制がかかっており、目黒漁港港内も一部(船揚げ場付近や北防波堤の一部)この範囲に含まれるので注意。釣り方はウキ釣り、ウキルアー、ブッコミ釣りなど。

駐車スペースあり。漁港入口付近に公衆トイレあり。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

平均評価:4

コメント

  1. 襟裳岬に近い場所にある「目黒港」。晩夏(8月末)から晩秋(11月末)までサケ釣りのスポットになっています。基本的には外海に向かって投げ釣りで「サケ」や「カレイ」を狙います。テトラポットが高いので落ちないように。また柄の長いタモが無いと魚を上げることができないので注意してください。特に「サケ」の寄りが良く、釣れるときは3匹くらいは上がります。港内ではチカが釣れるので、ファミリーでも楽しむことができます。

    評価: 4
タイトルとURLをコピーしました