浜益漁港

スポンサーリンク

浜益漁港のポイント

浜益漁港ポイント図

浜益漁港

釣り場概要

北海道石狩市浜益区にある漁港。
札幌方面からのアクセスもよく、休日には多くの釣り人が集まる釣り場となっている。
 
浜益漁港で釣れる魚は、チカ、カレイ、ホッケ、コマイ、ソイ、ガヤ、アブラコ、カジカなど。
 
投げ釣りではマガレイ、クロガシラカレイ、ホッケなどがターゲット。外側はテトラで足場が悪いので船道か港内を狙うのがよい。
 
根回りに仕掛けを入れておけば、カジカやアブラコもヒットする。
 
堤防外側のテトラ帯はロックフィッシュの好ポイント。テトラの中や周りをソフトルアーで探っていくとソイなどがヒットする。エサをつかむとすぐに根に潜ろうとするので強引に引き抜きたい。

釣果情報

🐡Amazon 釣り具 タイムセール 🎣
【釣果】ブログを登録して釣果を掲載 | 【釣具】Myタックル図を作る
#アキアジ釣り#小学4年#浜益川サケ有効利用調査2022#浮ルアー 1POINT
【日付】 2022-11-08【ポイント】 浜益川 【対象魚】 サケ アキアジ 【釣法】 ルアー【情報源】kenta_manato_channel(YouTube)
ヤケ酒〜土砂降りの鮭釣り 3POINT
【日付】 2022-09-25【ポイント】 オホーツク 浜益川 【対象魚】 サケ 【情報源】日曜アングラーの釣り日誌(ブログ)
浜益川鮭有効利用調査1回目 18POINT
【日付】 2022-09-12【ポイント】 浜益川 【対象魚】 アキアジ サケ 【情報源】日曜アングラーの釣り日誌(ブログ)
9月10日釣行2022アキアジ2戦目! 3POINT
【日付】 2022-09-11【ポイント】 浜益川 【対象魚】 アキアジ 【情報源】あたぼう釣行記(ブログ)
【釣りログ】#3.石狩浜益漁港にて「ちょい投げ」したら…スター… 10POINT
【日付】 2022-07-04【ポイント】 浜益漁港 石狩 【対象魚】 カレイ 【釣法】 投げ釣り チョイ投げ【情報源】ハマカシ「小者チャンネル」(YouTube)
【釣り】北海道石狩浜益漁港・新魚種・数釣・投げ釣り・爆釣・2… 8POINT
【日付】 2022-06-16【ポイント】 浜益漁港 石狩 【釣法】 投げ釣り【情報源】あべちゃんねるず 釣り【Fishing ABE Channels】(YouTube)
9月14日釣行 2022アキアジ3戦目! 0POINT
【日付】 2022-09-16【ポイント】 浜益川 【対象魚】 アキアジ ウグイ 【情報源】あたぼう釣行記(ブログ)

 

近隣の釣り場

雄冬漁港

増毛郡増毛町雄冬にある漁港。チカ、ホッケ、コマイ、カレイ、ガヤ、アブラコ、ヤリイカなどを狙うことができる。

雄冬漁港
雄冬漁港のポイント 釣り場概要 北海道増毛郡増毛町雄冬にある漁港。 それほど大きな港ではないが、釣れる魚種が多彩で多くの釣り人が集まる人気の釣り場となっている。 雄冬漁港で釣れる魚は、チカ、カレイ、ホッケ、コマイ、アブラ...

石狩湾新港

石狩市にある港。大規模な港で週末には多くのアングラーで賑わう人気の釣り場となっている。釣れる魚は、チカ、サバ、アジ、イワシ、ニシン、ハゼ、カレイ類、ホッケ、ソイ、アブラコ、マメイカ、ヤリイカ、アメマス、ヒラメ、シャコなど。

石狩湾新港
概要 ポイント おすすめの釣り方 釣り船 釣果情報 釣り場概要 北海道石狩市にある港。 現在立入禁止となっている部分が多数あるがそれでもポイントは多く、札幌から近いこともあり近くの小樽港と共に年中人の絶え...

浜益漁港の天気・風・波をチェック

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

スポンサーリンク
魚速報

  1. はじめまして!

    浜益漁港ですが昨日見に行きましたが
    防波堤の壁に立ち入り禁止の
    文字と絵がペイントされていました!

    立ち入り禁止になったのは
    残念です(´;ω;`)

  2. 季節は秋から冬にかけてだが、港内奥側(港内入り口付近の浅瀬)でカジカを狙うことができます。
    釣り場は浅く、根がかりが多発するので根がかりを少しでも回避する工夫が必要となります。
    道具はロックフィッシュ専門のハードなベイトロッドが適しています。(もしくは代用としてバス釣り用のベイトロッドでも可)
    ラインはナイロン4~5号(16~20ポンド)を使用し、オフセットフックを使ったテキサスリグ、もしくはオフセット仕様のジグヘッドを使用。
    ワームはエビやカニっぽい形のワームをメインとして使うといいでしょう。
    釣りの時期は秋から冬、時間としては夕方から夜の釣りになりますので、ヘッドライトや防寒対策は必須となります。
    極稀ではありますが、ヒラメも外道として釣れることがありますので、使用する道具は常に万全で臨みましょう。

タイトルとURLをコピーしました