東静内漁港

東静内漁港のポイント

東静内漁港ポイント図

東静内漁港


釣り場概要

北海道日高郡新ひだか町にある漁港。
それほど大きな港ではないが、釣り場としての人気は数キロ西にある静内漁港よりも高い。

東静内漁港で釣れる魚は、チカ、クロガシラガレイ、ソウハチガレイ、コマイ、カジカ、アイナメ(アブラコ)、ハゴトコなど。

港内ではサビキ釣りでチカを狙う人が多い。魚影はなかなか濃く、いい日には良型の数釣りを楽しむことができる。秋から春にかけてがシーズン。

投げ釣りではカレイ類、コマイ、アブラコ、カジカなどがターゲット。左右の堤防先端部や外向きが主なポイント。右側の捫川河口方面は砂地主体だが、左側のアサリ浜海岸方面は根が多く根掛かり率が高いので注意(ただ根掛かり覚悟で狙えばカジカやアブラコがよく釣れる)。

駐車スペースあり。港内にトイレなし。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

平均評価:5

コメント

  1. 静内町から車で15分ほどえりも岬方面へ走らせた場所にあります。港内は水深が浅く釣りにならないので、右側にある高い堤防に常設されているはしごで登り、外海に向けて釣りをします。釣れる魚はアイナメ、ウグイ、砂ガレイ、真ガレイ、そしてマツカワカレイが釣れます。基本的には投げ釣りで、テトラポットが入る直前の堤防から、50m先くらいに遠投すると岩と砂の間があるのでそこがポイントです。基本は置き釣りでしゃくる程度、手前に引くと根がかりします。大潮の干潮時は全く釣れないので、満潮を見計らって釣りに行くと良いでしょう。

    評価: 5
タイトルとURLをコピーしました