地御前漁港

地御前漁港のポイント

地御前漁港ポイント図
地御前漁港ポイント図

釣り場概要

広島県廿日市市地御前にある漁港。
カキの養殖で有名だが、港からは釣りも楽しめる。
 
主な釣りものはキス、カレイ、メバル、カサゴ、チヌ、タチウオ、シーバス。
 
投げ釣りではキスやカレイがターゲット。遠投有利なので本格的な投げタックルで望みたい。
 
チヌはウキフカセやダンゴ釣りでも釣れるが、カキをエサに使った落とし込みで狙うのが面白い。特に夏場の水温の高い時期がチャンス。
 
夜釣りではソフトルアーや探り釣りでメバル、カサゴなどの根魚が狙える。
 

※リンク付きの魚名をクリックすると魚種別の釣果情報が見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

平均評価: 4

2 comments:

  1. 7月に落とし込みでチヌを釣りました。
    足元にチヌがおりますのでタックルは1.8mのメバリングロッド、ラインもPE0,4号の細いもので楽しめます。
    引き潮の時にイガイやカニを調達してそれをエサにすればほぼ確実に喰います。

    評価: 5
  2. 牡蠣打ち場の匂いが漂う、水深浅めの港。大潮の干潮時はかなり浅くなって釣りにならないことも。
    大きく育ったチヌが足もとに見え、これを狙う落とし込みがオススメです。でも、見える魚を釣るのはかなり難しい。
    冬場の投げ釣りでは、良型のカレイが釣れました。

    評価: 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは承認制です。