横浜沖堤

横浜沖堤のポイント

横浜沖堤ポイント図
横浜沖堤ポイント図

釣り場概要

横浜沖堤は横浜港の各所に点在する堤防群を指す。
画像はベイブリッジ下の赤灯台、白灯台と呼ばれるポイントだが他にも旧赤灯、旧白灯、第一新堤、D突堤、四畳半、十米などのポイントがある。
 
主な釣りものはキス、カレイ、アイナメ、カサゴ、メバル、ウミタナゴ、アジ、サヨリ、マゴチ、クロダイシーバス
 
黒鯛は短竿を使った落とし込み釣りが盛んで夏場が最も釣りやすいシーズン。
エサはイソメ、ストロー虫、タンクガニなどを使う。
 
冬には同様の釣法でアイナメが狙える。
 
ルアーフィッシングではシーバスがメインターゲット。
大型の実績も高いので丈夫なタックルで臨みたい。
 
夏場にはハゼの泳がせでマゴチが良く釣れているのでルアーで狙ってみても面白い。
 
投げ釣りでは夏にキス、冬にカレイ、アイナメが狙える。
 
堤防は非常に低いところが多いので注意が必要。
渡船は新山下の渡辺釣船店鈴木釣船店山本釣船店を利用。
 
 

スポンサーリンク

 

※リンク付きの魚名をクリックするとブログから抽出した最新の釣果情報っぽいものが見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA