アジング

1、ロッド
2、ライン
3、リール
4、仕掛け

アジングとは?

アジングタックル
アジングタックル

アジといえば従来サビキ釣りカゴ釣りなどのエサ釣りのターゲットでしたが、これをルアー(疑似餌)で狙ってみようというのがアジングです。
それほど歴史の古いものではなく、先に成立していたメバリングから派生してできたものだそうです。
仕掛けもメバリングとほぼ同じで、小型のハードルアーやジグヘッド+ワームを使用します。
仕事帰りにいけるような手軽さや繊細なゲーム性、更には食べても美味しいといった特徴から近年では非常に人気の高い釣り方となっています。
アジは口が弱く上手く上顎に掛けなければバレてしまうので難しい部分もありますが、アジが釣れる釣り場は多く、初心者にも始めやすい釣りなのでぜひアジングにチャレンジしてみて下さい。

アジングのタックル

ロッド

アジングでは1~5gほどの軽い仕掛けを使用します。
ロッドもこの軽い仕掛けを扱うのに適したライトルアーロッドを使うことをおすすめします。
負荷のあっていない竿を使うと仕掛けが上手く操作できずトラブルの原因となります。
各メーカーからアジング専用のロッドも数多く発売されていますが、細かいことを気にしなければメバリングロッドを使っても問題はありません。
おすすめのアジングロッド

アジングに適したライン

アジングで使用するラインには主にナイロンライン、フロロカーボンライン、ポリエステルライン、PEラインの4種類があります。
特徴をまとめるとこんな感じでしょうか。

ナイロン エステル フロロ PE
柔らか 硬め 硬い 柔らか?
比重 軽い 中間 重い 軽い
伸び よく伸びる あまり伸びない あまり伸びない ほとんど伸びない
感度 悪い いい いい 最高

PEラインは伸びがほとんどなく他のラインと比べて引っ張り強度が遥かに高いのでより細いラインを使うことができます。なので遠投したい場合にはPEラインがおすすめですが、根ズレには弱いのでフロロカーボンのショックリーダーを接続する必要があります。また風に弱く、軽い仕掛けは扱いにくい傾向があります。
ナイロンラインは値段は安いのですが、伸びやすくアタリがとりにくいので繊細なアジングには微妙です。
フロロは固く感度は高く、重いので波風にも強いのですが、クセがつきやすくトラブルが起きがちです。
エステルラインは、感度高めでフロロとナイロンの中間ぐらいの重さでいい感じなのですが、急な衝撃には弱いです。
釣り場の状況やスタイルの合わせて選ぶのがいいと思いますが、とりあえず巻いておくならフロロカーボンが無難でしょう。

リール

アジングで使用するラインはナイロン・フロロカーボンで2~5lb、PEで0.2~0.6号なのでこれが100mほど巻ける小型のスピニングリールが基本となります。
アジングは軽い仕掛けを扱う繊細な釣りですのでなるべくトラブルの少ないものを選びたいところです。
おすすめのリール

仕掛け

アジング仕掛け
アジング仕掛け

ジグヘッド+ワーム

とりあえず最も基本的な仕掛けはこれです。
ジグヘッドの重さは1~3g、ワームのサイズは3~5cmが基準となります。

シンカーor飛ばしウキ+ジグヘッド

ジグヘッドだけでは軽く探れる範囲はかぎられます。そこでポイントが遠い時はジグヘッドの3~40cm程上にシンカーや飛ばしウキを追加します。
有名なMキャロをはじめ様々な製品が発売されているのでぜひ探してみてください。

ハードルアー

それほど使用される頻度は高くありませんが、アジはミノーやメタルジグなどのハードルアーでも釣ることができます。
より遠投したい時やボトム付近を狙いたい時に使ってみるといいかもしれません。

スポンサーリンク