アジング用リール

アジングリール

アジングに適したリールの特徴

番手

アジングではナイロン・フロロカーボン・ポリエステルラインでは2~5lb、PEラインでは0.2~0.6号の細いラインを使用しますので、リールは使うラインが80m以上巻ける1000番~2500番のスピニングリールを使うことになります。
これより大きい番手のリールでも使えなくはありせんが、どうしてもロッドとのバランスが悪くなってしまいます。
リールを小さくするメリットには、タックルの重量を軽くできる、一回の巻き取り量が減るのでルアーをコントロールしやすくことなどが挙げられますが、1000番は個人的には小さすぎて扱いにくい感じがあるので初めて買うなら2000番がおすすめです。

ハイギア?ローギア?

ギア比はハンドルを一回転させたときにスプールが何回転するかを表したもので、その比率が高いものをハイギア、低いものをローギアと呼びます。
つまりハイギアのリールだと1回でより多くのラインを巻くことができ、ルアーをスピーディに回収できることになります。
アジングはそれほど早いアクションを必要とするわけではないので基本的にローギアでいいと思いますが、スタイルや釣り場の状況によってはハイギアの方が使いやすいかもしれません。

ドラグ性能

ドラグは一定の負荷がかかった時にスプールが回転してラインが出ていくようにする機能のことで、リールによってどのぐらいの負荷にまで耐えられるかが決まっています。
通常漁港で釣れるアジは20cm程度なのでそれほど力は強くありませんが、使用しているラインが細いのと、アジは口が弱くバレやすいため滑らかに動作するドラグが望まれます。
またドラグの設定は少し緩めにしておくのがよいでしょう。

安いリールでもオーケー?

特にこだわりがなければ高価なリールは必要ないと思います。
ただワゴンセールになっているような最初からラインの巻いてあるリールはトラブルが起きやすいので、軽い仕掛けを使い夜釣りがメインなアジングにはおすすめできません。
定価で8000円以上するものを選べばまず大丈夫でしょう。

人気のアジングリール

アジングをする人がよく使うリールをまとめてみました。

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 ドラグ 参考価格
アブガルシア Cardinal STX2000S 260 66 5.1 6.4 8,250
ダイワ レブロス 2004 235 64 4.8 2 8,200
シマノ アルテグラ C2000S 190 66 5.0 3.0 15,300
ダイワ フリームス 2004 250 64 4.8 2 15,800
シマノ ナスキー C2000 210 66 5.0 5.0 16,800
シマノ ソアレBBC2000PGSS 190 57 4.3 3.0 16,800
ダイワ カルディア 2004 205 64 4.8 2 25,000
ダイワ ルビアス 2004 185 64 4.8 2 31,500
ダイワ 月下美人2004 195 64 4.8 2 34,000
シマノ ソアレ CI4+C2000PGSS 160 57 4.3 3 34,200
シマノ ツインパワーC2000S 195 66 5.0 3.0 40,000
シマノ ヴァンキッシュC2000S 155 67 5.1 3.0 54,500

やはり高価なリールの方が重量は軽いですね。
安いリール(そんなに安くもないけど…)だとちょっと重めですが、ダイワのフリームスがおすすめです。

スポンサーリンク