大阪のおすすめ夜釣りポイント

大阪府内で夜釣りが楽しめる釣り場をいくつかピックアップしてみました。

  1. りんくうマーブルビーチ
  2. 忠岡ホクシン裏
  3. 小島漁港
  4. 深日港
  5. 泉大津なぎさ公園

りんくうマーブルビーチ

りんくうマーブルビーチのポイント

りんくうマーブルビーチ


大阪府泉佐野市にある海岸。昼間は人も多くあまり期待できませんが、夜はルアーフィッシングでメバル、アジ、シーバス、グレ、ガシラなどが狙えます。おおよそ30m地点で水深3m〜4m、50m地点で4m〜4.5mと水深が浅いので、ある程度遠投できた方が有利なポイントです。駐車場も近く混雑の心配もありません。
夜釣りの電気ウキ釣りでは30m以上遠投できるタックルでウキ下2m前後を青イソメの1匹掛けで流していくとシーバス(セイゴ)などが狙え、ウキ下を深くすればガシラもヒットします。
アジング、メバリングといったルアーゲームの場合も遠投すればするほど有利です。ですのでジグヘッド単体ではなく、フロートリグで飛距離を出してトップ付近から攻めるのがおすすめです。アタリがなければカウントダウンでワームを通す水深を変えながら探ります。潮が止まってる時はやや深め、潮が動いている時は浅い水深でアタリが多くなります。

忠岡ホクシン裏

忠岡ホクシン裏のポイント

忠岡ホクシン裏


岸和田市にある岸壁で通称ホクシン裏といわれている釣り場です。垂直ケーソンの白灯波止とそれに続くテトラ帯がポイントとなります。
電気ウキの流し釣りでの実績が高く、春はメバル 、チヌ、スズキ、ガシラが主なターゲット。夏場になるとアコウ、アジ、グレなども釣れはじめます。
また、お盆過ぎくらいからタチウオの回遊が始まると、タチウオ狙いの釣り人がズラリと並びます。水深は波止の先端で足元で5m〜6m、テトラ帯でテトラの切れ目で5m前後です。白灯波止は短いので多くの釣り人は入れませんが、テトラ帯は広いので収容人数は多いです。

小島漁港

小島漁港のポイント

小島漁港のポイント


大阪府最南端の漁港です。ここは紀淡海峡にも近く潮通しがよく波止釣りとは思えないような大物も上がります。主なポイントは大波止外向きと内向きになります。水深は外向きで5〜6m、内向きも同様に5〜6mです。
夜釣りで狙えるターゲットとしては電気ウキ釣りではマダイ、チヌ、グレ、メバル 、スズキ、ガシラなどです。エサは青イソメかオキアミ、シラサエビなどで狙います。
またアオリイカも多いので、エギングやアジをエサにした電気ウキ釣りやヤエン釣りなどのイカ狙いも盛んです。大波止が満員の時はテトラ帯でも同じような釣り方で狙うことができます。

深日港

深日港ポイント図

深日港ポイント図


ここ深日港は北側に白灯波止、南側に赤灯波止がありこの2箇所がメインポイントになります。夜釣りは電気ウキの流し釣り、投げ釣り、エギングなど色々楽しめます。
電気ウキの流し釣りではチヌ、グレ、メバル、ガシラなどを青イソメのエサでテトラ際や捨て石の際を流します。投げ釣りはキスやマダイ、チヌなどの良型が狙えます。マムシや青イソメをエサの置き竿で狙います。
またお盆明けから初冬まではタチウオの回遊も多く、タチウオが回りだすとタチウオ狙いの釣り人で賑わいます。
秋口はアオリイカも釣れますが、タチウオの回遊が多いとアオリイカは怖がってあまりエサを追わないので、タチウオとアオリイカの両方の仕掛けを用意するのがおすすめです。

泉大津なぎさ公園

泉大津なぎさ公園のポイント

なぎさ公園


泉大津なぎさ公園は無料駐車場や公衆トイレも完備されています。また釣り場には手摺りもあるのでファミリーに安心の釣り場です。夜釣りでは夏場のサビキ釣りがおすすめです。昼間は小サバが多くなるサビキ釣りも夕まづめからはアジのアタリが増えます。その時の群れにももりますが、10cm〜15cmの小アジが多い時と20cm〜25cmの中アジが多い時があります。お盆明けになるとタチウオの釣果も出ますが、ここなぎさ公園は湾奥のためタチウオが入ってくるのは1ヶ月ほど遅れることが多いようです。

タイトルとURLをコピーしました