大阪のおすすめノマセポイント

大阪府内でノマセ釣り、泳がせ釣りが楽しめる釣り場をいくつかピックアップしてみました。

  1. 貝塚人工島
  2. 谷川港
  3. とっとパーク小島
  4. 泉佐野食品コンビナート
スポンサーリンク

貝塚人工島

貝塚人工島ポイント図

貝塚人工島


貝塚市にある岸壁。個人的には青物狙いのノマセ釣りで10月頃から1月頃まで通っているポイントです。エサは小鯵が基本で、サビキ釣りで現地調達する場合もありますし、釣れない時は近くに釣具店があるので購入も可能です。青物の釣れ具合は回遊状況次第ですが、メータークラスのブリも来る事があるので、ハリスは10号ぐらいの物を選んだ方が良いと思います。

谷川港

谷川港ポイント図

谷川港


青物の回遊はあまりないですが、ヒラメ、スズキを釣ったことがあるポイントです。近くに活きエサを販売している所を知らないのでサビキでアジを調達してから泳がせ釣りをするのがよいでしょう。釣り場は狭めで余り大人数は入れないので混雑時はトラブルに注意しましょう(貝塚人工島などと比べれば混雑しにくい釣り場ではあります)。

とっとパーク小島

とっとパーク小島ポイント図

とっとパーク小島


大阪府泉南郡岬町にある釣り施設。大阪ではかなり有名な釣り公園で、休みの日はかなり混雑するので平日に行ける方にオススメです。釣り場は全体的に魚礁となっていますが、青物を釣る際はできるだけ先端がオススメです。サビキでも高確率でアジなどが釣れるのでエサで困った事はありません。底付近ではヒラメ、秋口にはシオ(カンパチの幼魚)やブリなども釣れるので、人が少ない日に行けるとかなり楽しめます。

泉佐野食品コンビナート

泉佐野食品コンビナート(テトラ)ポイント図

泉佐野食品コンビナート(テトラ)


大阪府泉佐野市にある岸壁。呑ませ釣りでは秋口にハマチやメジロクラスが狙えます。私はここではブリクラスは釣っていませんが、常連の方に聞くと釣れる事もあるみたいです。混雑しやすく、テトラの部分は足場が悪いので家族連れや初心者にはあまりオススメできませんが、魚影は濃いので釣れる可能性は高いです。

大阪のノマセ釣り釣果情報をチェック

タイトルとURLをコピーしました