矢ノ川河口(三田火力排水路) 

矢ノ川河口のポイント

矢ノ川河口ポイント図
矢ノ川河口ポイント図

釣り場概要

三重県尾鷲市にある釣り場。
中部電力の尾鷲三田火力発電所に接しており、発電所からでる温排水の影響で一年は通して様々な魚が釣れる。
 
 
主な釣りものはハゼ、カサゴ、メバルクロダイ、メッキ、シーバス
 
黒鯛(チヌ)や根魚は発電所側のテトラ帯がポイント。釣り方はウキ釣り、前打ちなど。
 
ルアーではメッキとシーバスがターゲット。メッキは通常冬になって水温が下がると死んでしまうが、ここでは温排水の影響で水温が高く生き残れるため、冬になると集まってくる。ルアーは小型のミノーやポッパーを使う。
 
シーバスは秋から冬にかけてが釣りやすいシーズン。水深が浅いので夜釣りで狙いたい。
 

※リンク付きの魚名をクリックすると魚種別の釣果情報が見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは承認制です。