若松沖波止

スポンサーリンク

若松沖波止のポイント

若松沖波止ポイント図

若松沖波止

釣り場概要

福岡県北九州市若松区響町にある堤防。
テトラで構成されており足場があまりよくないのが難点だが様々な魚が狙え人気の釣り場となっている。名称は沖波止だが地続きで歩いて入ることが可能。

若松沖波止で釣れる魚は、アジ、カマス、サヨリ、シロギス、メバル、カサゴ、アコウ、チヌ、クロ、ヒラメ、シーバス、ヒラスズキ、タチウオ、ヤズ(ブリ)、ネリゴ(カンパチ)、サゴシ(サワラ)、コウイカ、アオリイカなど。

フカセ釣りではチヌ、クロが主なターゲット。チヌは春に大型も狙え、クロも30㎝前後までは期待できる。

ルアーフィッシングではスズキやヒラメが狙える他、ヤズ、サゴシなどの青物を狙ってショアジギングをやる人も多い。青物は回遊状況次第だがかなりの大物が回ってくることもあるのでしっかりとしたタックルで臨みたい。

テトラ周りでは根魚の魚影も濃く、ジグヘッド+ワームやブラクリ仕掛け+身エサ、虫エサを使った穴釣り、探り釣りではカサゴ、メバルなどがよく釣れる。

他にはエギングでアオリイカ、サビキ釣り、カゴ釣りやアジングでアジ、投げ釣りでキスなどが狙える。フェリー乗り場付近の岸壁は足場がよくファミリーフィッシングにも適している。

付近に駐車場、トイレあり。波止の先端部まで歩くとかなり時間がかかり海が荒れだした時に危険なので注意。

北九州市の釣果情報をチェック 若松沖波止の天気・風・波をチェック

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました