潮見運動公園

潮見運動公園のポイント

潮見運動公園ポイント図

潮見運動公園

釣り場概要

東京都江東区潮見1丁目にある公園。
運河に面した公園外側の岸壁一帯で釣りが可能となっている。

潮見運動公園で釣れる魚は、ハゼ、カレイ、アナゴ、クロダイ、ボラ、シーバス(セイゴ、フッコ、スズキ)など。

ハゼは7月から12月頃までがシーズンで、アオイソメやジャリメを餌に使ったウキ釣り、チョイ投げ等で狙うことができる。そこそこ水深があるため夏場よりも初冬の落ちハゼの方が有望なようだ。

投げ釣りでは冬から春にかけてマコガレイを狙うことも可能で、夜釣りではアナゴやセイゴも釣れる。

ルアーフィッシングではシーバスが人気ターゲット。春先には海底の砂中に住むゴカイ類が水中に抜け出る「バチ抜け」現象がみられ、バチを捕食してシーバスが集まってくるので大釣れすることもある。この時には、バチを意識した細長いルアーを使用すると釣果がでやすい。

黒鯛(チヌ)はブッコミ釣りなどでも釣れるが、東京湾で人気の高いヘチ釣り、落し込み釣りで狙う人もおり、日中よりも夜間の方が釣りやすい。

無料駐車場(通常8時~21時)あり。トイレあり。電車を利用の場合はJR京葉線潮見駅から徒歩約10分。

周辺の釣具店としては釣友(江東区潮見1-8-9)があり、釣り餌や仕掛けを購入することができる。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました