宮川港

宮川港のポイント

宮川港ポイント図

宮川港


宮川港沖堤防ポイント図

宮川港沖堤防


釣り場概要

神奈川県三浦市宮川町にある漁港。
隣接するプレジャーボート停係泊施設「宮川フィッシャリーナ」は釣り禁止で竿を出せる箇所は限られるが、その分三崎港などと比べ人も少なくのんびり楽しめる穴場的釣り場となっている。

宮川港で釣れる魚は、アジ、イワシ、メバル、クロダイ、ウミタナゴ、シロギス、カレイ、ハゼ、カサゴ、アイナメ、クロダイ、メジナ、アオリイカ、シーバスなど。

投げ釣りではキスやカレイ、ハゼがターゲット。特におすすめなのは冬場のカレイと落ちハゼで、港内のチョイ投げで釣果が期待できる。

クロダイは港内ではカイズクラスが多いが、海が荒れ気味の日には良型がヒットすることもある。大物を狙いたければテトラ堤や沖堤防に行くのがよいだろう。

テトラ堤では穴釣りでカサゴなどの根魚も狙えるが、足場が悪く根本の部分は満潮時には水没し水に浸からずには渡れなくなるので注意。

沖堤防(2号防波堤)へはまるよし食堂(三浦市宮川町11-30 046-882-3579)の渡船で渡ることが可能。黒鯛やメジナの良型が狙え、秋にはイナダ等の青物が回ってくることもあるのでショアジギングをやってみてもよいかもしれない。ただ港内向きは水深が浅めでテトラ帯が主なポイントとなる。

夜釣りではアジング、メバリング、アオリイカ狙いのエギングなども面白い。

駐車場あり(普通車平日500円、土日祝日1000円、バイク平日150円、土日祝日300円)。トイレあり。

遊漁船

三浦半島沖の船釣りでも様々な魚を狙うことができる。

二宮丸
中深場(キンメ、クロムツ)、コマセ釣り(マダイ、青物、アジ)、マグロ・カツオルアー。カワハギ、イカなど。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました