三崎港

三崎港の釣り場

三崎港全景
三崎港全景

1、白灯台堤防
2、花暮岸壁・製氷所前
3、通り矢・田中堤防
三浦半島の先端に位置し、マグロの水揚げ基地として知られる三崎港は釣り人にも人気の高い港です。
非常に大型の港であり、通り矢堤防、花暮岸壁、製氷所前、白塔堤防など多数のポイントがあるので、代表的な釣り場をご紹介します。
全体的に釣り船や漁船の出入りの多い港なのでトラブルには注意しましょう。

白灯台堤防

白灯堤防ポイント図
白灯堤防ポイント図

白灯堤防は魚市場や低温冷蔵庫の先にある堤防です。
釣り場は比較的広く、堤防内に入れば作業の邪魔になることもあまりないので落ち着いて釣りができます。
主なターゲットはアジ、イワシ、サバ、イナダ、メバル、カサゴ、アオリイカ、カワハギ、クロダイ、マダイ。
夏から秋にかけてはサビキ釣りでアジやイワシが手軽に釣れるのでファミリーフィッシングにもおすすめです。
また船道を投げ釣りやカゴ釣りで狙えばマダイが釣れることもあります。
→現在、白灯堤防、旧魚市場周辺は立入り禁止となっているようです。入らないようにお願いします。(コメント参照)。

花暮岸壁・製氷所前

花暮岸壁・製氷所前のポイント図
花暮岸壁・製氷所前のポイント図

花暮岸壁、製氷所前とも車が横付けできるので冬の寒い時などには助かるのですが、漁船がついたり、港の関係者が作業していたるすることも多いので注意が必要です。
サビキ釣りでは、4月~9月にアジ、イワシ、サバ、カゴ釣り、ショアジギング、弓角では8月~11月にソウダガツオ、イナダ、投げ釣りでは6月~10月にキス、カワハギ、10月~3月にカレイ、アイナメが狙えます。
根掛かりが結構あるので投げ釣りの場合は仕掛けを多めに用意しておくのがよいでしょう。
夜釣りでは、ルアーでシーバスが狙え、近年はアジングも人気があります。

通り矢・田中堤防

通り矢・田中堤防のポイント図
通り矢・田中堤防のポイント図

城ヶ島大橋の左側、三崎港の端に位置するのが田中堤防と通り矢堤防です。
田中堤防のテトラ周りでは穴釣りやメバリングでメバル、カサゴが狙え、先端ではウキフカセやダンゴ釣りで黒鯛、メジナも狙えます。
通り矢堤防先端は潮通しがよく、青物の有望ポイントです。
またアオリイカも春には大型が多く、アジの泳がせ釣り、ヤエン、エギングで狙うことができます。
イカ類では、時期によってはヒイカという小型のイカやヤリイカも狙うことが可能です。
三崎港は全体的にタコの釣果が多いので、蛸用の仕掛けを忍ばせておくといいお土産がゲットできるかもしれません。

周辺の釣具屋

三崎港内の釣り具・釣りエサ店としては青木釣具店(神奈川県三浦市三崎5丁目13−16)があり、仕掛けやエサを購入することができます。また対岸の城ヶ島内にも何軒か釣具屋があります。
三崎港に向かう途中でしたら、京急津久井浜駅近くのエサの釣り王や上州屋佐島店、その少し先の活エサ徳丸があります。
釣りエサなら徳丸が24時間ではないですがそれに近い営業時間で、種類も豊富でおすすめですよ。

スポンサーリンク

 

 

※リンクの貼ってある魚名をクリックすると最新の釣果情報が見れます。
※リンク付きの魚名をクリックするとブログから抽出した最新の釣果情報っぽいものが見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。。

今月中に釣り場の釣果状況等をコメントしてくれた方の中から5名様にアマゾンギフト券500円分をプレゼントします。希望する場合はメールアドレスを入力してコメントの最後の★をつけて下さい(11月初めにこれをメールで送らせていただきます)。

6 comments:

  1. 三崎魚類(株)金子と申します。

    釣り場として挙げられている旧魚市場、白灯台堤防周辺は、終日、関係者以外立ち入り禁止の区域となっております。
    大型車両、フォークリフト等の特殊車両が行き来する中で一般の車両、人が入る事は非常に危険ですし、周辺の業務に支障が出る事もあります。また、釣り人が放置していくごみにも迷惑しております。
    恐れ入りますが立ち入り禁止として情報を訂正して頂きますよう宜しくお願いします。

    取り急ぎ報告まで。

  2. 旧魚市場、白灯台堤防周辺は立ち入り禁止措置がなされてるのでしょうか?普通に釣りしてる動画がYoutubeにあげられてるのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA