磯崎港

磯崎港のポイント

磯崎港ポイント図

磯崎港ポイント図


釣り場概要

茨城県ひたちなか市磯崎町にある漁港。
隣には夏に海水浴場となる阿字ヶ浦海岸があるが、根も多く、砂地を好む魚も磯を好む魚も狙える釣り場となっている。
 
主な釣りものはシロギス、イシモチ、カレイ、アイナメ、カサゴ、ソイ、アジ、サヨリ、イナダ、ショゴ(カンパチ)、クロダイ、イセエビ、シーバス、ヒラメ。
 
投げ釣りでは夏にキス、イシモチ、冬にカレイが狙える。カレイは特に人気のターゲットで、港内のチョイ投げでも釣れることから初心者でも十分チャンスがある。
 
黒鯛は沖堤(実際には地続き)と呼ばれる長い方の堤防のテトラ帯が好ポイントで、ウキフカセや落とし込みで狙う人が多い。ただ、足場がよくないのでベテラン向きとなる。
 
テトラ周りではアイナメやソイ、カサゴなどの根魚の魚影も濃いので、穴釣りを行ってみても面白い。時にはイセエビがヒットすることもあるという。
 
堤防先端では夏~秋にイナダなどの青物の回遊があり、カゴ釣りショアジギングで狙うことができる。カゴ釣りでは冬のサヨリ狙いも人気がある。

夜釣りでは、シーバス狙いのルアーフィッシングやアジング、メバリングを行う人が多い。

駐車場、トイレあり。釣具屋はフィッシュハンター(ひたちなか市阿字ケ浦町3242)が近い。

釣果情報

釣具店のサイトやブログ、ツイッター、ユーチューブから「磯崎」に関する情報を表示しています。なお個別ページの存在しないサイトのリンク先は全て釣果一覧ページとなっています。



※リンクが貼ってある魚名をクリックすると魚種別の釣果情報が見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。
平均評価:4

コメント

  1. 夏の夜から明け方にかけて会社の同僚数人で出かけました。ある人は深夜に足元のテトラの隙間に冷凍サンマをくくりつけて落とし、巨大な穴子を釣ってました。投げ釣り部隊は明け方から連れ出し、堤防の中腹あたりからの投げで、真鯛、石鯛、ベラ、鱚、舌平目など、サイズこそ可愛目でしたが魚種が豊富で常にワクワクしてました。
    あと春頃に堤防の先からのそこそこの遠投で、50センチ近くのカレイを2枚釣ったこともあります。
    堤防の先では投げ浮き釣りの方が多く、黒鯛などを釣っていました。
    また地元の重鎮と思わしき方が颯爽と現れ、投げ浮きを大遠投したかと思った途端に巨大なサバを釣り上げていたのには仰天しました。多分今日の夕飯です。

    評価: 5
  2. 春から夏にかけてのシーズンに何度か訪れましたが、アイナメやカサゴが比較的よく釣れました。家族連れやカップルも多く、賑やかな雰囲気の楽しい釣り場だと感じました。駐車するスペースも十分あるので安心です。

    評価: 3
  3. 2017年の9月頃、堤防釣りに行きました。結構たくさんの人で賑わっていました。混んでいますが一応駐車場もあり、運良く停められたので良かったです。駐車場の所には公衆トイレもあるので安心でした。朝の9時頃からお昼くらいまで居て、イワシ二匹と何だか良くわからない魚一匹が釣れました。夫婦で行ったのですが、家族連れが多く、海釣り初心者の私たちにとっては居心地の良い釣り場でした。

    評価: 5
タイトルとURLをコピーしました