抜海漁港

抜海漁港のポイント

抜海漁港ポイント図

抜海漁港


釣り場概要

北海道稚内市抜海村にある漁港。
釣りでは主に鮭釣りのポイントとして人気があるが、冬に野生のゴマフアザラシが見られることでも知られれる。

抜海漁港で釣れる魚は、チカ、ニシン、マガレイ、クロガシラガレイ、コマイ、カジカ、ガヤ、クロソイ、アイナメ(アブラコ)、ヒラメ、サケ(アキアジ)など。

サケは8月下旬から10月頃がシーズンで、サンマの切り身やイカを餌に使ったウキ釣り、ウキルアーなどで狙うことができる。釣れたとの情報が出回るとかなり混雑するのでトラブルには気をつけたい。主なポイントは港内だが隣の海岸からブッコミ等で狙う人も。

テトラ帯は根魚の宝庫で、ジグヘッド+ワームやブラー+エサで穴周りを探っていけばソイがなどのロックフィシュ系がよく釣れる。ただし足場は悪く安全とは言い難いので注意。

他には投げ釣りでカレイ類、サビキ釣りでチカやニシンが狙える。トイレあり。駐車場あり。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました