投げ釣り

投げ釣りとは何か?

投げ釣りタックル
投げ釣りタックル

投げ釣りとは字のごとく仕掛けを沖に向かって遠投する釣りです。
最近ではライトな投げ釣りも人気ですが、本格的な< 投げ釣りでは仕掛けをより遠くに飛ばすために重い錘を使い、それに耐えうる強靭な竿が必要とされます。 凄腕の人が投げればなんと150m以上飛ばすこともできるといいます。 飛ばせば釣れるというわけではないのですが、広い砂浜から思いっきりキャストするのはそれだけでも気持ちのいいことです。 投げ釣りで釣れる魚はキス、ハゼなどの小物からカレイ、アイナメ、チヌ、マダイまでと幅広く、日本中どこの海に行っても楽しむことができます。 遠くに飛ばせるようになるまでは時間がかかりますが面白い釣りなのでぜひ挑戦してみて下さい。

投げ竿

投げ釣りで使う竿は大きく分けて振出と並継に分かれます。
並継は竿を収納する必要がないためため細く造ることができるので感度が良く、また継ぎ目が少なくすむのでハリがありパワフルだといわれています。
またガイドが固定さているので糸がらみなどのトラブルがおきにくいのもメリットです。
デメリットとしては持ち運びにかさばるのと、値段が高いということでしょうか。
投げ釣りでは20~33号くらいの錘が使われそれに応じて色々な硬さの竿が発売されているので、必要とする飛距離や自分の体力に合わせて竿を選んで下さい。
おすすめの投げ竿

ライン

遠投する場合、細いPEラインを使うメリットは大きく多くの場合PEラインが使われます。
ナイロンラインはそれほど遠投を必要としない場合や根の荒い釣り場に使われます。
ラインは細いほど空気抵抗が減って飛距離が伸びるのでなるべく細いラインを使い、キャストに負荷がかかる先端部分には力糸と呼ばれる太いラインを結んで対応します。

リール

投げ釣りではキャスト時に糸の出がよく、また仕掛けを回収するときには素早く巻き取ることのできる専用の大型スピニングリールが使われます。
投げ釣りで使うラインはキスやカレイですとナイロンで2~5号、PEで0.8~2号でこれが200mほど巻けるリールを選びます。
投げ釣り用のリールにはドラグが付いていないものもあります。大物投げ釣りにも使いたい場合はドラグ付きのものを選びましょう。
おすすめの投げ釣り用リール

仕掛け

投げ釣りの仕掛け
投げ釣りの仕掛け

投げ釣りの仕掛けは大きく分けてテンビン仕掛けと下錘式の仕掛けに分かれます。
魚種や地形によって使い分けますが、私の住んでいる関東では吹き流し式の方が一般的です。
テンビンにも様々な種類がありますが特徴としては以下のような感じです。
L字型固定式→標準的な形で飛距離が出やすい。キスなどあまり大きくないターゲットを狙うときに使われる。
L字形誘導式→仕掛けと道糸が直結されており、違和感なく喰わせることができる。大物釣りによく使われる。
ジェット天秤→浮き上がりがいいので根掛かりの多い場所で有利
スパイク天秤→流されにくい形をしており、潮の速い場所でよく使われる。
仕掛け本体には根元に砂ずりと呼ばれる糸を二重に編み込んだ部分があり、海底で多少擦れても切れないように工夫がされています。
ハリの大きさや個数は釣り場の状況と狙う魚によって様々で根掛りのほとんどない砂浜からキスを狙うならハリを5本以上にすることもありますし、大物狙いでは基本的に一本バリとなります。

釣り方

投げ釣りには待ち釣りと引き釣りの2つのスタイルがあります、
引き釣りは主にキス釣りで使われる釣り方で、仕掛けを遠投したたら時々止めながらゆっくりと仕掛けをサビいていきアタリが来るのを待ちます。
待ち釣りは仕掛けを投入したら少し動かしてよさそうな場所を見つけたらそこで止め、竿掛けに竿を立ててアタリがくるのを待ちます。
 

スポンサーリンク