投げ釣り用リール

kaigann

投げ釣り用リールの特徴

番手

投げ釣り専用のリールの場合通常のリールのように番手が用意されておらずスプールを替えて対応する場合が多いです。
汎用的なスピニングリールを使用する場合は使いたいラインが200m巻ける4000番以上のリールを用意します。

大きさ

投げ釣り専用のリールはルアーフッシングなどで使うリールと比べて巨大で、スプールが浅くつくられているのが特徴です。
ラインが出ていくときの抵抗をなるべく減らして、飛距離を伸ばすためにこういう形になっています。

ドラグ

投げ釣り専用のリールにはドラグがついてない場合が多いです。
投げ釣りのメインターゲットであるシロギスは小さいのでドラグは必要なく、ドラグを付けなければその分軽くつくることが可能になるからです。
投げ釣りでも黒鯛やマダイ、スズキなどの大物を狙う場合はドラグ付きのリールを選びましょう。

おすすめのリール

ドラグなし

メーカー モデル名 自重 ギア比 巻上長 参考価格
シマノ アクティブサーフ標準 600g 3.8 82cm オープン
ダイワ ウインドサーフ 35太糸 535g 4.1 86cm 14,000
シマノ スーパーエアロSJ35標準 545g 3.5 84cm 20,000
シマノ スーパーエアロSL35標準 435g 3.5 84cm 28,100
ダイワ トーナメント サーフ35標準 440g 3.5 75cm 53,500
シマノ スーパーエアロKS35細糸仕様 360g 3.2 76cm 95,000


ドラグあり

メーカー モデル名 自重 ドラグ ギア比 巻上長 参考価格
ダイワ キャスティズム25QD 15PE 430kg 12kg 4.1 82 27,000
シマノ パワーエアロPS 600kg 19kg 3.5 80cm 31,000
ダイワ パワーサーフQD 595kg 15kg 4.1 31,500

スポンサーリンク