日本鋼管突堤

日本鋼管突堤のポイント

日本鋼管突堤ポイント図
日本鋼管突堤ポイント図

釣り場概要

三重県津市の工業地帯の一角、日本鋼管の敷地の先に延びる堤防。
全長600mにも及ぶ長い堤防で、様々な魚が狙える一級ポイントとして知られる。
 
 
主な釣りものはキス、カレイ、アイナメ、カサゴ、メバル、アジ、ハマチ(ツバス)、グレ、クロダイ、サンバソウ(イシダイ)、アオリイカシーバス
 
黒鯛前打ちで狙え、先端部が好ポイントだが他の場所でも喰ってくる。
5、6月頃には外道にサンバソウも来る。
 
テトラ周りでは根魚も多く、テトラの間をソフトルアーで探ると喰ってくる。
夜の電気ウキ釣りならメバルの数釣りが楽しめる。
 
ルアーではシーバスが狙え他、夏~秋にかけてはジギングで青物も狙える。
堤防先端部がポイント。
 
エギングではアオリイカも期待できる。
 
テトラは形が揃っていて意外と歩きやすいが足を踏み外さないよう注意。
 
 

※リンク付きの魚名をクリックするとブログから抽出した最新の釣果情報っぽいものが見れます。
※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。
 
 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA