野島沖堤 

野島沖堤のポイント

野島沖堤防ポイント図
野島沖堤防ポイント図

釣り場概要

横浜市野島沖の東京湾に浮かぶ堤防。
赤灯台、青灯台、新堤、馬の背、別送、クズレ、ドック堤などのポイントがあり、カレイや黒鯛の実績は非常に高い。
 
主な釣りものはクロダイカレイ、アイナメ、キス、カサゴ、メバル、イシダイ、シーバス、アジ、カワハギ、アオリイカ、コウイカ、マゴチ。
 
コマセはアミコマセ以外禁止されており黒鯛落とし込みで狙うのが基本スタイル。
エサはタンクガニやカラス貝、青イソメなどを使う。
冬には同じ釣法でアイナメも狙うことができる。
 
シーバスは10~12月と3、4月が釣りやすいシーズン。
土曜日には半夜釣りもできるのでねらい目。
 
冬にはカレイ狙いの投げ釣りが人気。
チョイ投げでも十分釣れるが座布団クラスもでるので仕掛けは太めにしておいた方がよい。
 
渡船は野島公園近くの村本海事を利用。
 
ポイントによっては満潮時に水没する部分もあるので注意が必要。
   

スポンサーリンク

 

※リンクの貼ってある魚名をクリックすると最新の釣果情報が見れます。
※当サイトに掲載されている釣り場には釣り禁止区域が含まれている場合があります。各自適切にご判断下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA