千種川

千種川のポイント

千種川有年橋周辺

有年橋周辺


ブラックバス狙いでおすすめのポイント。有年橋から坂越端までの間のエリアは安定してバスの釣果が期待できます。橋脚跡は流れが速くなっているので、フィーディングエリアとして人気です。
千種川河口ポイント図

千種川河口


シーバス狙いの方におすすめのポイントです。水質が良くて非常にクリアで、橋の上から魚影が見えるぐらいです。ルアーはシーバス狙いであればシンペンをおすすめします。障害物は少なく、流れの速さも河口なのでなだらかです。

釣り場概要

兵庫県南西部を流れる二級河川。
中国山地の江浪峠付近に源を発し、赤穂市で播磨灘に注ぐ。延長68㎞。

千種川で釣れる魚は、アユ、アマゴ、ブラックバス、ナマズ、オイカワ、ウグイ、ウナギ、ハゼ、クロダイ、キチヌ、シーバスなど。

遊漁券は全魚種に使えるものが日券3100円、年券13400円、鮎を除く全魚種が日券2100円、年券6200円、オイカワ・ウグイ・テナガエビ用が日券2100円、年券500円となっている(千種川漁業協同組合)。

千種川の鮎は味がよいことで知られ、夏場は友釣りやドブ釣りなどアユを狙う人が多い。解禁日は年によって変わる可能性があるのでお漁協のWEBサイトをチェック。

ルアーフィッシングではブラックバスを狙うことができ、下流域に行くとクロダイ、キチヌといった海水魚を狙うこともできる。バス釣りは春から秋にかけてがシーズン。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました