若洲海浜公園海釣り施設

スポンサーリンク

若洲海釣り施設のポイント

若洲海釣り公園ポイント図

若洲海釣り公園

釣り場概要

若洲海浜公園の一角、東京ゲートブリッジの下にある堤防。
釣り施設として整備されておりファミリーから本格派まで楽しめる釣り場となっている。
 
若洲海浜公園海釣り施設で釣れる魚は、ハゼ、キス、イシモチ、カレイ、イワシ、サッパ、コノシロ、サヨリ、ウミタナゴ、メバルクロダイシーバスなど。
 
ファミリー層にはサビキ釣りが人気で、群れが入ればイワシやアジ、コノシロの数釣りが楽しめる。
 
本格的な投げ釣りは禁止だがチョイ投げは可能で5~10月頃はキス、ハゼ、10~4月頃はカレイ、アイナメが狙える。
 
夜釣りではルアーでシーバスやメバル、メバル、投げでアナゴがターゲット。
 
料金は無料で6時~21時まで利用できる。

若洲の釣果情報をチェック

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

スポンサーリンク
魚速報

  1. 都心からアクセスしやすく、キャンプ場の隣の釣り場なのでファミリーフィッシングにはもってこいの場所です。柵も設置されているので、子連れでも安心です。
    駐車場は広めですが、早い時間帯から海の近くは大体埋まっています。

    投げ釣りは気を付けないと根がかりが頻発します。
    仕掛けは売店でも買えますが、多めに持って行ったほうが良いです。
    餌も現地で買えますが、火曜日は売店が定休日なのと、餌の自販機がたまに修理中になっているので注意が必要です。
    釣れる魚はアジ、サッパ、イシモチ、ハゼ、コノシロ、セイゴ、クロダイなどが釣れます。

  2. サバ、コノシロ、サッパ、ハゼ、アジ等が釣れます。
    無料の釣り場なので
    春と秋は沢山の釣り人が居て、場所取りに苦労しますが
    その分、餌無しでも釣れてしまう面白さも。
    根掛かりは結構するので要注意です…
    無料の釣り場ですが、釣具のレンタルショップがあるので
    初心者でも気軽に行ける場所だと思います。

  3. 真夏の8月に行きました。
    サビキ釣りでサッパが入れ食い状態。基本サッパしか釣れませんが、イワシが時々掛かります。
    時々かかってしまうボラが厄介ではありますが、夏場は一日中釣果が期待出来る施設です。
    無料で開放されていることもあり、休日は家族連れでいっぱいです。

  4. 大きな駐車場もあり、ファミリー向けの施設かと思いきや
    しっかりとルアーフィッシングも出来る場所です。
    シーバスやクロダイを狙うことができますが、根がかりも覚悟が必要です。
    立ち入り禁止エリアには注意してください。

  5. 大きな有料駐車場が有ります。(二輪車は無料)
    夕方に数回行ったことがありますが1度も釣ったことがありません。
    一応堤防ではアジを釣っている人がいました。
    堤防左側の岩場ではルアーフィッシングをしている方を見ますが、
    こちらは根掛かりが頻発するので注意が必要です。
    ゲートブリッジと飛行機がよく見えて景色は良いです。

  6. 防波堤釣り場と人口磯釣り場に分かれていて、足元がしっかりしている防波堤釣り場が初心者やファミリーに向いています。海釣り施設なので売店、トイレ、自販機が完備しており、釣りがやりやすい環境は整っています。ただ、今まで三回行きましたが一度も魚を釣ったことがありません。(ボラが跳ねている姿だけ見ることができました。)あと根掛かりもするので注意が必要です。

  7. アクセスもよく、適度に施設がコンパクトなので、ファミリー向けの釣り場だと感じました。
    最近はもっぱら家族で、サビキ釣りを楽しんでいます。
    サビキ釣りは簡単なので、初心者にお勧めです。
    この前は運良くアジがかかりました。
    次回は夕方から一人で、シーバスを楽しみに行く予定です。

  8. 若洲海浜公園の海釣り施設は小物ですが意外と多くの魚種が釣れます。

    私は堤防の落とし込みでは、カサゴ、ソイ、シーバスなどを釣ったことがあります。
    季節は一年中ですが、冬はやはりボウズになる確率が高くなります。

    海釣り施設はファミリー向けの釣り施設になっていますので、天気に恵まれた日は混んでいると思ってください。

    都心の釣り場ですので色々な釣り人がいます。

    車で来られても、駐車場は余裕があるので問題ありません。もし、混雑していて入れなくても、すぐ近くのゴルフ場の駐車場に入れることもできます。

タイトルとURLをコピーしました