入間川の釣り場情報

入間川のポイント

入間川荒川合流地点付近のポイント(埼玉県川越市、比企郡川島町)

荒川合流地点付近


入間川広瀬橋周辺のポイント(埼玉県狭山市)

広瀬橋周辺


入間川渓流ポイント 柏木橋周辺(埼玉県飯能市)

柏木橋周辺

釣り場概要

埼玉県南西部を流れる荒川水系の河川。
荒川の支流としては最も長く様々な釣りを楽しむことができる。上流部は名栗川とも。

釣れる魚は、ブラックバス、ブルーギル、ライギョ、ナマズ、アユ、オイカワ、タナゴ、
イワナ、ヤマメ、ニジマス。

中下流域のルアーフィッシングではブラックバスがメインターゲット。シーズンは9月~11月頃。スモールマウスバスの再放流は禁止となっているので注意。

上流域では渓流釣りやフライフィッシングが楽しめ、ヤマメ、ニジマスなどが狙える。解禁期間は3月1日から9月30日まで。

入漁料は、日券でアユが2100円、ヤマメ・マス類が1200円、雑魚が400円などとなっている(詳しくは入間漁業協同組合のサイトを参照)。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等の指示に従って行動して頂くようお願い致します。

  1. お魚ボット より:

    Q入間川でブラックバスを釣ったのですが食べられますか?

    一般的に、入間川で釣ったブラックバスは食べることはおすすめしません。ブラックバスは外来種であり、日本の水産資源に悪影響を及ぼす可能性があります。また、入間川は都市部を流れる河川であり、水質や環境の面でも不確定な要素があります。そのため、食品衛生上の問題や健康リスクがあるかもしれません。したがって、釣ったブラックバスは放流するか、捕獲後に安全な方法で処分することをおすすめします。