与田浦

スポンサーリンク

釣り場概要

千葉県香取市にある湖沼。
利根川が分離して形成されたもので位置的に茨城県と思われることもあるが千葉県内である。

与田浦で釣れる魚は、ブラックバス、ブルーギル、ナマズ、ライギョ、コイ、ヘラブナ、タナゴなど。

ルアーではブラックバス狙いの人が大半。北浦、霞ヶ浦などの有名スポットに飽き足らない中級以上のアングラーが多く、特に冬場の人気ポイントとして知られる。全域護岸化されているので足場もとても良好。足元には千本杭とも称される無数の杭が並んでおり、杭の内側と外側をタイトに攻めることで釣果を伸ばすことができる。浅い印象だが、水深が1m以上あるところも意外と多く、冬場にはバスが集まりやすいポイントになってる。また周辺の流入河川や水路も多くありそこでもバスがよく釣れるので反応が薄い時は余り粘らずにポイントを変えてみるのもあり。

餌釣りではヘラブナが人気ターゲットで。。西部与田浦、磯山ワンド、東部与田浦を結ぶ与田浦水道のオダ場周りが好ポイントで、春から秋にかけてがハイシーズン。ただコイ、フナ、ウナギには漁業権が設定されており、日券200円、年券1000円の遊漁券を購入する必要があるので注意(佐原漁業協同組合 香取市扇島1840−1)。

周辺のレンタルボート店としては与田浦フィッシャーマンズパーク、水郷ボートサービス
(ただ与田浦は水深が十分でなく航行危険水域とされている)などがある。

与田浦のポイント

西部与田浦

西部与田浦のポイント

西部与田浦


八筋川流れ込み付近には係留してある船などがありバスが隠れそうなポイントが沢山あります。両サイドにアシもありストラクチャーの多い場所となります。

磯山ワンド

与田浦磯山ワンドのポイント

与田浦


アシ多くオカッパリできない場所が多いのですが各所でアシ隙間などを狙えます。水中のストラクチャーも豊富で甲殻類のベイトが多いので魚影も濃いです。十二橋駅から近いので電車での釣行にも適したポイント。

東部与田浦

東部与田浦のポイント

東部与田浦


釣れる魚はブラックバス、ブルーギル、ナマズなど。数カ所あるの水門、流れ込み付近が好ポイントなので、手早くランガンしながらすべての水門を攻めていくとよいでしょう。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止等になっている場
合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました