関屋分水

関屋分水河口のポイント

関屋分水河口ポイント図
関屋分水河口ポイント図

釣り場概要

関屋分水は信濃川の分水路で、新潟市の西区と中央区の境で日本海に注ぐ。
河口部は淡水と海水が混じり合い、栄養豊富なため様々な魚が集まる好ポイントとなっている。
 
主な釣りものはキス、ハゼ、カサゴ、ソイ、イナダ、ソウダガツオ、サワラ、クロダイ、ヒラメ、シーバス、アオリイカ。
 
ルアーフィッシングでシーバスが狙え、かなりの大型の実績もり、人気が高い。
 
テトラ周りをブラクリやソフトルアーで探れば、カサゴやソイといった根魚がヒットする。

サワラやイナダなどの青物は画像では写っていないが河口横にあるL字型の堤防がポイント。群れの寄り具合で釣果は一変するので、できれば事前に情報を仕入れておきたい。釣り方はカゴ釣り弓角ショアジギングなど。


※リンク付きの魚名をクリックすると魚種別の釣果情報が見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは承認制です。