関屋分水

関屋分水河口のポイント

関屋分水河口ポイント図

関屋分水河口


釣り場概要

関屋分水は信濃川の分水路で、新潟市の西区と中央区の境で日本海に注ぐ。
河口部は淡水と海水が混じり合い、栄養豊富なため様々な魚が集まる好ポイントとなっている。
 
釣れる魚はキス、ハゼ、カサゴ、ソイ、イナダ、ソウダガツオ、サワラ、クロダイ、ヒラメ、シーバス、アオリイカ。
 
ルアーフィッシングでシーバスが狙え、かなりの大型の実績もり、人気が高い。
 
テトラ周りをブラクリやソフトルアーで探れば、カサゴやソイといった根魚がヒットする。

サワラやイナダなどの青物は画像では写っていないが河口横にあるL字型の堤防がポイント。群れの寄り具合で釣果は一変するので、できれば事前に情報を仕入れておきたい。釣り方はカゴ釣り弓角ショアジギングなど。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

平均評価:4

  1. 春と秋の青物狙いが一番のオススメで、その他の時期もシーバスを狙えます。
    関屋は驚くほど大型のアタリが出ることがあります、急激に深くなるポイントがあるようで魚の回遊が豊富なんだと思います。
    大型河川の流れ込みから、雨の後は濁りが酷くなることがあります。
    波が高い日は危険なので絶対に無理をしない方がよいと思います。
    根魚の釣果も期待できます、秋にアオリイカを狙っている人もいますが、あまり釣れているのを見たことがありません。

    評価: 5
  2. 河口近辺は禁漁となっているため要注意です。河口から北側に向かってL字堤防が2本あり、北側のL字堤防に青物釣りによく行きます。春秋にサゴシやイナダ、ヒラメ、晩秋にはタチウオも釣れます。ただ、ここは根掛かりが多く、特に捨石の多い堤防近くでは着底させないように注意が必要です。また、春先や晩秋はとても滑りやすく、スパイクを履いていても怖いです。

    評価: 3
タイトルとURLをコピーしました