枝幸港

枝幸港のポイント

枝幸港ポイント図

枝幸港


釣り場概要

北海道枝幸郡枝幸町にある漁港。
冬は気候的にも厳しいがそれ以外の季節は多くの釣り人がみられる人気の釣り場となっている。

枝幸港で釣れる魚は、チカ、ニシン、サンマ、ソイ、ガヤ、アイナメ(アブラコ)、マガレイ、スナガレイ、クロガシラガレイ、サケ(アキアジ)、サクラマスなど。

サビキ釣りでは港内の岸壁からチカ、ニシン、サンマなどを狙うことができる。いずれも釣りやすい時期は秋で、釣果は群れの入り具合次第だがいい時には数釣りが楽しめる。イノコタンポ川左右の岸壁は車横づけで釣りが可能で、足場もよいのでファミリーフィッシングにもおすすめ。

サケは8月下旬から11月頃までがシーズンで、ウキルアー仕掛けなどを使ったルアーフィッシングやウキ釣りで狙うことができる。水深がそこそこあるポイントもあるので、水深に合わせてタナを調整するのがよいだろう。特に実績が高いのは南外防波堤のプレジャーボート用の船溜まり周辺だったが、人が多すぎてトラブルが多発し通常の船舶の利用に支障をきたしたため現在は8月10日から10月31日まで大部分が釣り禁止となってしまっている(唯一竿を出すのが可能なのはイノコタンポ川河口横の岸壁の一部のみ)。またこの時期は南外防波堤の根本にゲートが設置され、車両での進入も規制されるようなので注意。規制は変更されるかもしれないので詳しくは枝幸町のWEBサイトを参照されたい。

他には投げ釣りでカレイ類、ルアーでサクラマスが狙える。また夜釣りでは探り釣りでクロソイなどのロックフィシュ系も釣れる。

駐車スペースあり。港公園と南外防波堤にトイレあり。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました