来岸漁港

来岸漁港のポイント

来岸漁港ポイント図

来岸漁港


釣り場概要

北海道積丹郡積丹町にある漁港。
周辺の磯場でも竿を出すことが可能で、様々な魚が狙える釣り場となっている。

来岸漁港で釣れる魚は、ホッケ、クロガシラガレイ、マガレイ、カジカ、アイナメ(アブラコ)、クロソイ、ガヤ、マメイカ、アメマス、サクラマス、サケなど。

投げ釣りではカレイ類やホッケなどがターゲット。外側の堤防先端が好きポイントで、ホッケは船道狙い、マガレイは外向きに遠投するとよく釣れる。また根回りに仕掛けを入れるとアブラコやカジカもヒットする。ホッケは堤防根本付近の磯場でもよく釣れる。

ルアーフィッシングではアメマスがよく釣れることで知られている。冬から春にかけてがシーズンで、港内のスロープ付近や南防波堤外側が主なポイントとなっている。

夜釣りではワームやブラーを使った探り釣りでソイが狙え、初冬にはエギングでマメイカが釣れることもある。

遊漁船

Homies & Ocean Holy
ジギング。ブリ、サクラマスなど。
RED MOON
ジギング。レンタルあり。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

平均評価:4

コメント

  1. 一番長い北防波堤の真ん中から先端へ数メートル移動して、内海に向かってチョイ投げがおすすめ。5月の上旬はホッケが良く釣れる漁港で良く行ってました。
    仕掛けは、市販されたホッケの仕掛けでネットが付いてる物を買ってます。このネットにオキアミブロックを買って、凍ってるので融かしてネットに入れる。針にはサンマの切り身を塩漬けしたものを使用。投入する。
    ネットからオキアミが溢れるので魚が突っつくので竿が反応するが、まだ合わせたら食ってないのでもう少し待つと、竿先が海面に向かって刺さる。この時に竿をシャクってリールを巻いて上げる。
    重みを感じ二匹掛かる時もあって19匹釣ったことあるが、まだ足りない。でも満足した釣りでした。

    評価: 4
タイトルとURLをコピーしました