カゴ釣り用リール

海

カゴ釣りに使われるリールの特徴

番手

カゴ釣りではナイロンで4~6号、PEで1.5~2.5号のラインが主に使われますので、リールは使用するラインが200m程度巻けるものを用意します。
スピニングリールの場合シマノなら5000番~、ダイワなら4000番~といったとこでしょうか。

ドラグ

釣り場にもよりますが、カゴ釣りではブリやヒラマサ、マダイなどの大物がかかる可能性があります。
ある程度しっかりとしたドラグ性能を持つリールを選びましょう。

スピニング?両軸?

一部の地域では両軸リールを使ったカゴ釣りが盛んです。
どちらが飛ぶのかは人によると思うので何とも言えませんが、大物とのやり取りには両軸リールの方が有利のように思います。
ただ両軸リールはバックラッシュを起こしすく初心者には扱いが難しいので注意が必要です(実釣の前に十分練習しておきましょう)。
両軸リールを使う場合は竿も両軸用の竿にするのがおすすめです。

おすすめのカゴ釣り用リール

スピニングリール

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 ドラグ 参考価格
ダイワ クロスキャスト4500 645 82 4.1 15 オープン
ダイワ プロカーゴ4500 遠投 595 86 4.1 15 33,500
シマノ ブルズアイ5050 445 84 4.3 12 28,400

クロスキャストはデカくて重いですが、安くてそれなりに丈夫なので初心者にオススメです。

両軸(ベイト)リール

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 ドラグ 参考価格
アブガルシア 6500CSロケット 465 65 5.3 5 39,400
ダイワ ミリオネアカゴ 370 75 6.3 8 47,000

両軸リールではアブ・ガルシア社製のものが非常に高い人気を誇っており、両軸でカゴ釣りをする人の8割ぐらいが使用してるような気がします。

スポンサーリンク