物部川

スポンサーリンク

物部川のポイント

物部川戸板島橋下流

戸板島橋下流


物部川では有名な場所です。このポイントは流れの早い浅瀬になっています。水深はそれ程、深くはないですが、浅く流れが早いので、オトリアユを上手く泳がせて狙いのポイントに向かわせるロッドワークが必要になります。しかし、ポイントに上手く入ることができれば、アユの反応が間違いなく得られますので、丁寧に探っていくことが大事です。
物部川河口

物部川河口


ルアーでシーバスやヒラメ、マゴチを狙う人が多いポイント。

釣り場概要

高知県内を流れる一級河川。
四国山地の白髪山付近に源を発し、南国市と香南市の市境で土佐湾に注ぐ。延長71km。

物部川で釣れる魚は、アユ、アマゴ、コイ、ウナギ、アカメ、シーバス、チヌ(クロダイ)など。

遊漁料はあゆ・あまご・こい・うなぎが日券2000円、年券7000円、もくずがにが年券3000円となっている(物部川漁業協同組合)。

アユは友釣りで狙う人が多く、高知県内でも最も早く解禁になる河川です。放流も行われていますが、基本的には天然遡上のアユが多く、魚影が濃いため解禁日から落ちアユのシーズンまで楽しめます。台風や大雨の多い高知県ですので、大雨が降ると暫く釣りにならないので注意してください。

アマゴは通常3月1日から8月31日が遊漁期間。上流部や上韮生川、笹川、楮佐古川、杉熊川などの支流が主なポイントとなる。

河口や下流部ではシーバスやチヌといった魚も狙うことができる。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました