鏡川

スポンサーリンク

釣り場概要

高知県を流れる二級河川。
土佐郡土佐町の工石山付近に源を発し、高知市で浦戸湾に流入。延長31km。

鏡川で釣れる魚は、アユ、アマゴ(アメゴ)、コイ、オイカワ、ブラックバス、シーバス、アカメ、ハゼ、クロダイ(チヌ)、ウナギなど。鮎、アマゴ等を釣るには遊漁券が必要で日券が2000円、年券が6000円となっている(鏡川漁業協同組合)。

鮎は区間によって違うが、6月1日から10月15日頃が解禁期間。友釣りで狙うのが一般的だが餌釣りができる区間もある。的渕川、吉原川などの支流でも釣りが可能。

アマゴは3月1日から9月30日までがシーズンで、放流もおこなわれているため初期には比較的釣果が期待できる。釣れるのは中~上流域。

下流域ではシーバスやチヌも狙える。シーバスは、ミノーを中心としたプラグルアーで釣る人がほとんど。水深がやや浅いポイントが多いためフローティングやスローシンキングミノーを中心にしてトップウォーターも使用可能。シーズンとしては、ベイトフィッシュであるコノシロの群れが入ってくる9から12月がベスト。河口近くは潮の干満差の影響が大きく、大潮の干潮時には底が見える状態になるので、満潮前後のタイミングを狙うのがよいだろう。ウェーディングや夜釣りをする際には安全に注意。

鏡川のポイント

川口橋周辺

鏡川川口橋周辺のポイント

鏡川川口橋周辺


鮎釣りポイント。鏡ダムの下流約300メートルは禁漁区となっているので注意。

天神大橋・みどりの広場周辺

鏡川天神大橋周辺のポイント

天神大橋周辺


普段の流れは比較的、緩やかで水深もこの川幅の河川としては普通です。チヌ、スズキなども釣れますが、水質が綺麗で有名な鏡川ですのでウナギをお勧めします。最も一般的な釣り方はブッコミ釣りで、ウナギ針に鮎の切り身、テナガエビ、ドバミミズなどをセットして投入して当たりを待ちます。狙いは障害物周りや流れの緩やかな場所が良く、見落としがちですが足元でも充分に釣れます。尚、ウナギは夜行性ですので夜釣りがお勧めです。

鏡大橋周辺

鏡川大橋周辺のポイント

鏡川大橋周辺


ルアーマンが多いポイント。潮の干満差の影響が大きく、干潮時には極端に浅くなるため、潮回りは事前に調べておく必要があります。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止等になっている場
合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました