番所庭園(番所の鼻)

番所庭園のポイント

番所の鼻ポイント図

番所の鼻


釣り場概要

和歌山県和歌山市雑賀崎にある地磯。
江戸時代に紀州藩が海上を行き交う船を監視するために設けた見張り番所があったところで現在は庭園となっているが、磯釣りポイントとしても知られており様々な魚を狙うことができる。

番所の鼻で釣れる魚は、アジ、ハマチ、シロギス、カワハギ、メバル、カサゴ(ガシラ)、クロダイ(チヌ)、メジナ(グレ)、マダイ、シーバスなど。

ウキ釣りではチヌ、グレが主なターゲット。グレは中小型中心だがチヌは良型も期待できる。主なポイントは先端部の磯場。

アオリイカも人気の高い釣りもので、ヤエン釣り等の泳がせ釣りやエギングで狙うことができる。ハイシーズンは秋と春から初夏にかけて。

ルアーフィッシングではシーバスが狙える他、季節によってはイナダなどの青物が回遊してくることもあるのでショアジギングをやってみても面白い。

他には投げ釣りでキスやベラ、カワハギ、探り釣りで根魚などを狙うことができる。

駐車場あり(普通車一日1000円、バイク200円)。磯へ出るへは庭園に入る必要があり営業時間外の釣り(夜釣り)はできない。入園料は大人600円、子供300円、営業時間は4-8月が9時~18時、9-3月が8時~5時となっている。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました