旧江戸川

旧江戸川のポイント

旧江戸川常夜灯公園周辺のポイント

常夜灯公園周辺


足場がよく、トイレがあり、売店もある。夜釣りではウナギも釣れる。
旧江戸川今井橋周辺ポイント図

今井橋周辺


シーバス、ハゼなどが狙える。水深は浅いことが多い。
旧江戸川東葛西側河川敷

東葛西側河川敷


河口付近と比較すると東西線鉄橋の下流付近はやや河川が狭くなっています。護岸はゴロタ石が敷き詰められていますが、全般にやや変化に乏しいエリアです。多くのシーバスはベイトに付いて回遊しているため、ベイト、水質、流れなどの変化を見落とさないようにしてください。ルアーはミノー、バイブレーションに加えて、スイムベイト(ワーム素材のもの)も試してみるのも良いと思います。
旧江戸川舞浜公園周辺

舞浜公園周辺


有名ポイントだけにアングラーがやや多いですが、実績も高いです。見明川との分流にも近く流れの変化を丁寧にかつ広範囲に探ってください。ルアーはミノーやバイブレーションで手早くサーチしてみると良いと思います。
旧江戸川河口・舞浜大橋周辺のポイント(東京都江戸川区葛西、千葉県浦安市)

旧江戸川河口


千葉県側、東京都側どちらからでも釣りが可能。シーバスの好ポイントとして知られ、クロダイやキビレも釣れる。

釣り場概要

東京都、千葉県を流れる河川。
江戸川区篠崎町、市川市稲荷木付近で江戸川から分岐し、新中川と合流した後、江戸川区葛西、浦安市舞浜の境界で東京湾に注ぐ。延長約9㎞。

旧江戸川で釣れる魚は、マハゼ、カレイ、エイ、マゴチ、ボラ、クロダイ、キビレ、コイ、ニゴイ、ウナギ、テナガエビ、ブラックバス、シーバス(セイゴ、フッコ、スズキ)など。

ルアーフィッシングではブラックバスも釣れなくはないが海水の影響が強くシーバスを狙う人が多い。シーバスはほぼ周年狙うことが可能で、バチ抜けや稚鮎の遡上がみられる春が特に有望。エイが多いので、ウェーディングをする際はエイガードが必須。河口付近ではクロダイ、キビレ、マゴチなどもルアーで狙える。

餌釣りではハゼが人気ターゲット。チョイ投げ、ウキ釣り、ミャク釣りなど様々な釣り方が可能で、秋口には比較的簡単に数釣りが楽しめる。

また夏の夜釣りではアオイソメやミミズを餌に使ったぶっこみ釣りでウナギを狙ってみても面白い。なお旧江戸川には漁業権が設定されており、ウナギ・コイ・フナを獲るためには日券500円または年券4000円の遊漁券を購入する必要がある(東京東部漁業協同組合)。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました