弁慶堀

スポンサーリンク

弁慶堀のポイント

弁慶堀ポイント図

弁慶堀

釣り場概要

東京都千代田区にある池。かつての江戸城外堀が残ったもので周辺には、紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡や近江彦根藩井伊家屋敷跡があり、歴史のロマンを感じることができる。

弁慶堀は現在千代田区の許可を受けた弁慶フィッシングクラブが管理しており、ルールでは岸からの釣りは禁止で釣りをするにはボートをレンタルする必要がある。釣りボートの利用料金と営業時間(2019年12月現在)は次の通りです。

釣りボート(1人):1.700円(1時間)/2.800円(2時間)/3.500円(終日)
釣りボート(2人):2.500円(1時間)/4.000円(2時間)/5.000円(終日)
釣りボート(3人):3.500円(1時間)/6.000円(2時間)/7.000円(終日)

営業時間: 9:00~18:00、9:00~日没(10~3月)、6:00 ~ 18:00(5~9月の土日・祭日)

釣れる魚はライギョ、ブラックバス、ニジマス、コイ、ヘラブナ、ブルーギルなど。

弁慶堀のブラックバスはかなりすれているので難易度は高いですが、ヒットした時は快感です。釣れる時期は7~9月ピークですが、4月頃から釣れはじめ10月まで釣れる可能はあります。弁慶掘ではボートから岸に向かってキャストすることが多いです。隣のボートに近づき過ぎないように注意して下さい。ルアーはワームを使う人が多く、クランクベイトやホッパーも用意したほうがいいでしょう。夏は藻が多いので注意しないとロストする可能性があります。

ブラックバスが釣れづらい冬の時期(10月~4月)、弁慶掘では比較的難易度が低いトラウトがおすすめです。延べ竿のウキ釣りで餌はコーンを付けて放置するだけなので、初心者でも簡単に釣れる可能性があります。ブラックバスとは対照的に掘の中央が釣れるポイントです。

電車を利用の場合はは地下鉄丸の内線/銀座線の赤坂見附駅(D出口)から歩いて5分。車で行く方法は、国道246号の赤坂見附交差点(弁慶橋方面)を左折すると弁慶橋があり、そのたもとに弁慶掘があります。近隣にはコインパーキングが多数あるのでこれを利用するのがよいでしょう。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました