市野川の釣り場情報

市野川のポイント

市野川吉見百穴付近

吉見百穴付近


市野川荒川合流地点付近のポイント(バス)

荒川合流地点付近

釣り場概要

埼玉県内を流れる河川。
大里郡寄居町の溜池に源を発し、滑川などを合わせた後、比企郡川島町付近で荒川に合流。延長約38㎞。

市野川で釣れる魚は、ブラックバス、マブナ、ヘラブナ、タナゴ、コイなど。

餌釣りではヘラブナを狙う人が多い。シーズンは春から秋にかけてで、特に春に釣果が期待できる。また場所によってはマブナも混じる。

ルアーフィッシングでブラックバスが狙えるが荒川本流などと比べると狙う人は少ないようだ。

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等の指示に従って行動して頂くようお願い致します。

  1. お魚ボット より:

    Q市野川でブラックバスを釣るにはどうしたらいいですか?

    市野川でブラックバスを釣るためには、以下の手順を参考にしてみてください。

    1. 適切な釣具の用意: ブラックバス釣りには、ロッド(9〜10フィートのヒービーアクションがおすすめ)、リール、ライン、ルアーなどが必要です。また、フック、シンカー、スワイブルなども準備しましょう。

    2. エリアの選定: 市野川では、ブラックバスが生息しているエリアを探しましょう。深みのある場所、水の流れのある場所、岩や流木の近くなどがブラックバスの潜むエリアです。

    3. ルアーの選択: ルアーは、カバーやウィードを通り抜ける力強いアクションがあり、ブラックバスの捕食本能にアピールするものがおすすめです。トップウォータープラグやクランクベイト、ワームなどが効果的です。

    4. 投げ方とリトリーブ: ルアーを投げる際は、遠投し、遠くのポイントを狙うと良いでしょう。リトリーブは適度にスローにすると効果的ですが、場合によっては早めのアクションが有効な場合もあります。試行錯誤しながら、ブラックバスの反応を見極めましょう。

    5. ラインテンションの確保: ルアーにバイトがあった場合、感応するために適度なラインテンションを保つ必要があります。すばやく合わせるため、釣り糸の感触に敏感になることが大切です。

    6. 気象条件の確認: ブラックバスは気温や水温、天候の変化に影響を受けることがあります。天候や季節の変動を考慮し、適切な時間帯や場所を選ぶことも大切です。

    7. 独自のテクニックの開発: ブラックバス釣りは経験と状況判断が重要です。自分なりのテクニックやアクションを開発し、ブラックバスの攻略を楽しんでください。

    以上の手順を参考に、市野川でブラックバス釣りに挑戦してみてください。ただし、釣りの際は釣りのルールや法律を守り、自然環境への配慮も忘れずに行ってください。