引地川

引地川のポイント

引地川六会橋

六会橋周辺


釣りが可能かは怪しいが、コイやオイカワ、ドジョウが棲息しており、夏場には少数ながら鮎も見られる。
引地川鵠沼橋周辺

鵠沼橋周辺


シーバスは数は河口に比べて減りますが、居つきの大きな個体が釣れる事があります。足元に魚がついている事が多いので、岸沿いにキャストすると釣果アップに繋がります。
鵠沼海岸引地川河口

引地川河口


シーバスを狙ってもヒラメやマゴチなどが外道で釣れることがよくあります。逆にヒラメ、マゴチを専門的に狙うこともできるポイントです。足場はかなり良いですが、波の高い日、風の強い日などは波を被る事があるので注意が必要です

釣り場概要

神奈川県内を流れる二級河川。
大和市の泉の森に源を発し、藤沢市鵠沼海岸で相模湾の注ぐ。延長21.3㎞。

引地川で釣れる魚は、コイ、オイカワ、アユ、ハゼ、ウナギ、ボラ、シーバス、ヒラメ(河口)、マゴチ(河口)、メッキ(河口)など。

河口部付近は相模川境川程ではないが湘南エリアではそこそこ知られたシーバスポイント。しかし、狙う人が多いため引地川のシーバスは異常な程スレており、よく使用されているシンキングペンシルやミノーなどは見切られ、なかなかヒットしなし。そこで、個人的におすすめしたいのがワームである。「シーバスにワーム?」と思われるかもしれないが、反応は良好で多くの釣果を得ています。ただ、良型が喰ってくることもありますが、サイズは圧倒的にセイゴクラスが多くなります。

ルアーでは河口から海向きに投げればヒラメやメゴチも狙え、秋にはメッキ狙いのライトゲームも楽しめます。

餌釣りでは下流でハゼがよく釣れます。チョイ投げやウキ釣りで狙え、餌はジャリメやイソメを小さく切って使うのが一般的です。

ブラックバスやナマズの釣果は聞かれず河口付近以外で釣りをする人は稀ですが、コイならパンの耳などを餌に使って比較的簡単に釣ることができます。また夏場の夜釣りではブッコミでウナギを狙ってみても面白いでしょう。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました