久里浜東電堤防 

東電堤防のポイント

久里浜東電堤防
久里浜東電堤防

釣り場概要

東京電力久里浜火力発電所の先に延びる堤防。
地続きになってはいるが付け根部分は立入禁止なので渡船を利用して渡る。
 
 
主な釣りものはウミタナゴ、メバル、カサゴ、カレイアイナメ、カワハギ、クロダイ、シーバス、アオリイカ、ヒイカ、コウイカ、イナダ。
 
黒鯛の魚影は濃く、イワイソメやタンクガニを使ったへチ釣りが盛ん。
堤防は約700mあり広い範囲を釣り歩くことが釣果を伸ばすコツ。
外道にイシダイが喰ってくることも。
 
冬場には投げ釣りカレイアイナメが狙える。
根掛かりが多いので仕掛けは大目に用意したい。
 
渡船は久里浜港平作川河口堤防の丸清丸を利用。
 
 

※リンク付きの魚名をクリックするとブログから抽出した最新の釣果情報っぽいものが見れます。
※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。
 
 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA