利根川

群馬県北部の大水上山をに源を発し千葉県銚子市と茨城県神栖市の境で太平洋に注ぐ一級河川。坂東太郎の別名を持ちかつては暴れ川として知られた。16,840km²という日本最大の流域面積を誇り、様々な釣りが楽しめる釣り場となっている。

  1. 上流域
  2. 中流域
  3. 下流域
  4. 利根川河口

上流域

利根川吾妻橋周辺のポイント(群馬県利根郡みなかみ町)

吾妻橋周辺


利根川大渡橋周辺のポイント(群馬県前橋市)

大渡橋周辺)

主な釣り物は、ヤマメ、イワナ、サクラマス、サクラマス、アユ、ニジマス、ウグイ、オイカワ。

テンカラやルアー、フライフィッシングでヤマメ、友釣りでアユを狙う釣り人が多い。

解禁期間はアユが6月30日~10月31日、サクラマス、ヤマメ、イワナが3月1日~9月20日までなどとなっている(詳しくは利根漁業協同組合群馬漁業協同組合のサイトを参照。

中流域

利根川刀水橋周辺のポイント(埼玉県熊谷市、群馬県太田市)

刀水橋周辺


利根川渡良瀬川合流地点付近のポイント(埼玉県加須市、茨城県古河市)

利根川渡良瀬川合流地点付近のポイント(埼玉県加須市、茨城県古河市)

中流域に生息している魚は、ヘラブナ、ギンブナ、ブラックバス、ブルーギル、アメリカナマズ、アオウオ、ハクレン、ナマズ、コイ、ニゴイ、タナゴ、アユなど。

下流域

利根川長豊橋周辺のポイント(千葉県成田市、茨城県稲敷郡)

長豊橋周辺


 利根川河口堰付近のポイント(茨城県神栖市、千葉県香取市)

利根川河口堰

釣れる魚は中流域とほぼ同じだが、シーバスなどの海と淡水域を行き来する魚もヒットする。

ルアーでバス、ブッコミ釣りでコイ、ウキウキ釣りでヘラブナがメジャーな釣り物。

利根川河口

利根川河口のポイント

利根川河口のポイント

河口域ではハゼ、シーバス、クロダイ、キビレ、ヒラメ、マゴチ、イシモチ、カレイ、アジなどの魚を狙うことができる。

特にシーバス狙いのルアーフィッシングが盛んでランカークラスの大物も期待できるポイントとして知られる。


※リンクが貼ってある魚名をクリックすると魚種別の釣果情報が見れます。※釣り場の情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入り禁止になっているなど大きな変化がある場合はコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました