ポロト湖

スポンサーリンク

ポロト湖のポイント

ポロト湖ポイント図

ポロト湖


ポロトコタン前では季節により鯉やアユ、ヤマメが釣れます。流れが無いので、草場を攻めるとよいでしょう。
ポロト自然休養林周辺は全体的に森林でおり、足元も草場の部分が多くなっています。魚が隠れる場所が多く、警戒心が少ないため竿を出すポイントを見つければ釣れやすいですが、クマが出没することもあるため注意が必要です。

釣り場概要

北海道白老郡白老町にある湖。
周囲約 4km、面積約 2㎢、最大深度8.6m。名称はアイヌ語で「大きな沼」を意味し、ポロト沼とも呼ばれる。

ポロト湖で釣れる魚は、コイ、アユ、ワカサギ、ヤマメ、フナ、ウグイ、ニジマスなど。

季節により釣ることができる魚は変わってくるが、夏場であれば工業排水が入り混じるエリアであれば鯉がよくヒットする。釣る手法としては、ウグイ狙いなどの耐久性のない竿で巨鯉をかけてしまうとラインを切らざる得なくなることもあるので注意。

冬場はワカサギ釣りが盛ん。釣りをするには遊漁料が必要で、1日500円(子供200円)、シーズン券4000円(子供2000円)となっている。関連道具のレンタルやワカサギセットの販売もあるので手軽な釣行が可能。シーズンは凍結する1月-3月頃だが気象条件により変動するので要確認(白老町観光協会)。
ポロト湖の天気・風・波をチェック

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました