百間川

スポンサーリンク

百間川のポイント

百間川中川橋付近のポイント

中川橋付近


百間川海吉橋付近のポイント

海吉橋付近

釣り場概要

百間川(ひゃっけんがわ)は、岡山県岡山市南部にある人工河川で、別名、旭川放水路とも呼ばれる。旭川の分流部より河口までの総延長は12.9km、流域面積6.3 km²である。遊漁料は不要。

釣れる魚はブラックバス、ライギョ、コイ、ヘラブナ、ボラ、シーバスなどとなっている。

ブラックバスは、おかっぱりの場合、基本ソフトルアーより、広範囲にサーチできるバイブレーションやミノー、スピナーベイトなどがおすすめ。ハイシーズンは3月から10月頃となる。

①の地点の水門は多くのアングラーが釣りを楽しんでいる有名スポット。時間帯によっては水門が開閉されており、そこにベイトを待っている魚体が多くいる。ここでは、アピール力の強いビッグベイトやバズベイト、クローラー系のハードルアーがおすすめ。ボラやシーバスも混じってくる可能性が高い。

②の地点も水路をつなぐ水門ポイントだが、ここはほとんどの時間で水門が開いている。この水門はベイト待ちの魚体は少なく、水門の奥にノーシンカーワーム等で投げ入れるのがおすすめ。目立つストラクチャーなども無いため、魚体は水門奥に隠れている。奥から引き出し、キスバイトが多くあるため、出来る限り慎重な釣りが求められる。

③の地点にも小さな水門があり、水路からの回遊してくるベイトを狙うブラックバスやライギョが多く存在する。しかし、ここにいる魚体はかなりスれており、土手から階段を降りる物音ですぐに魚体が逃げてしまう。よってここではスモラバやノーシンカーワームで、できる限り警戒心を持たれないような釣りが必要となる。また夕マズメや朝マズメであれば、ベイトを追い回している魚体もいるので、一投勝負でバズベイトなども面白いかもしれない。

百間川の天気・風・波をチェック

※掲載情報は誤っていたり古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので現地の案内板等に従った行動をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました