芦田湖(八田原ダム)

芦田湖のポイント

芦田湖(八田原ダム)ポイント図

芦田湖


おすすめポイントはインレットとアウトレット。
流入部付近は、春先に上がってくるのバスがを狙うのによい。雨の後では水量が増えて、足元にもゴミだまりや水流ができる。平常時では対岸の方が水深がある。減水時は長靴などで歩いて移動が可能。さまざまな釣り方ができる。
払い出し付近は、シャローが続いており、遠投できる方が良い。流れ出しのため、水の流れはある。夕マズメ等の時間帯で入ってくるバスがいる。

釣り場概要

広島県世羅郡世羅町にあるダム湖。
芦田川中流域に造られたもので1997年の完成。湛水面積261ヘクタール。

芦田湖で釣れる魚は、ブラックバス、ナマズ、アユ、コイ、ハス、フナ、ウナギなど。

バスを釣るのに遊漁料は不要だが、アユは日券2000円、年券6000円、ウナギ、フナは日券800円、年券3000円の遊漁券が必要(芦田川上流漁業協同組合)。

他の魚種も棲息しているが釣り人はブラックバス狙いのルアーフィッシングの人が多い。2月頃から釣り人が現れ出し、10月頃までが釣りやすいシーズン。貯水率によっては、歩いて回れる場所は増える。シャローもあり、オカッパリから50アップが狙えることも。ただ、アングラーが多いため為ハイプレッシャーとなっている。

また、カヌーやカヤック、ボートの利用は救命胴衣着用で可となっているが、エンジン付き船舶は使用不可。貴重動植物の保護区域や立ち入り禁止の表示がある区域、防護策やロープで制限されているところから先への車両の乗り入れはNGとなっているため注意が必要。

※掲載情報は誤っていたり、古くなっていたりする可能性があります。立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました