サビキ釣りの基本

サビキ釣りとは

サビキ釣り タックル・仕掛け
サビキ釣り タックル・仕掛け

サビキ釣りとはサビキ針と呼ばれる擬餌針とコマセカゴを使用した釣りとのことで、ターゲットはアジ、イワシ、コノシロ、サッパ、チアユ、サバ、サヨリ、カマスなどの回遊魚系を中心にメバル、ウミタナゴ、シマダイ、ボラなど多彩な魚を狙うことが可能です。
何かしらの魚が釣れる可能性は高く、最もボウズになりにくい釣りではないでしょうか。
しかも上手いこと回遊魚の群れに当たれば100匹以上の数釣りをすることも可能なのです。
釣り方は簡単で、足元に仕掛けをたらし適度にシャクっていればコマセカゴからコマセが出て、それに集まってきた魚がサビキに喰いついてきます。
子供や初心者でも十分に楽しむことができ、高確率で晩御飯のおかずもゲットできるお徳な釣りなのです。

竿

コンパクトロッドやルアーロッドなどでもそれなりの長さがあれば使えなくはないのですが、サビキ釣りメインで釣りをするなら磯竿使うのが一番いいと思います。
磯竿は5m以上のものが多いですが、低い堤防や岸壁からやるなら3~4mぐらいのものが取り回しがよくて使い易いですよ。
おすすめの竿

リール

リールは3号のナイロンラインが100m程度巻ければなんでもかまいません。
スピニングリールでもベイトリールでもOKです。
ただし余り安物を買うと数回つかっただけで壊れてしまうことがよくあるので、新しく買うなら3000円以上はするものを選びましょう。

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 最大ドラグ 参考価格
シマノ エアノス 2500 260 73 5.2 4
ダイワ リバティクラブ 2000 270 4.7 2

仕掛け

上カゴ?下カゴ?

サビキ釣りで使うかごにはサビキの上につける上カゴと、錘と一体になっていて仕掛けの底につける下カゴがあります。
どちらがよいのかは謎ですが、私の住んでいる関東では上カゴ式のほうがメジャーです。

サビキ

サビキにはアミエビを模したものや魚皮を付けたものとトリックサビキと呼ばれるものがあります。
トリックサビキには疑似餌が付いておらず、アミエビをこすり付けて使用します。
個人的にはこのトリックサビキが一番釣れると思います。
特に活性が低く群れがまばらなときにおすすめです。
サビキ釣りの仕掛け詳細

シーズン

サビキ釣りのメインターゲットであるアジ、イワシなどの小型回遊魚で考えますとサビキ釣りのシーズンは春から秋までとなります。特に夏の終わりから秋がよく釣れる時期といえるでしょ。
冬になると釣りものは少なくなりますが、コノシロやサヨリなど一部も魚は冬でも狙えます。
魚種別のシーズン

ポイント

サビキ釣りで狙えるターゲットの幅は広く、どの地域でも何かしら狙えると思うのですが、足元でする釣りなので足元の水深が浅すぎる釣り場だと厳しくなります。
そこそこ水深がある堤防・岸壁がサビキ釣り向きのポイントです。

エサ

コマセにはアミエビが最もよく使われます。
また配合餌と混ぜられてパック詰めされている商品もあるので、手を汚したくない人にはそちらもおすすめです。
コマセはかごに詰めすぎると出が悪くなるので八部目ぐらいまでにしておきましょう。
ハリには疑似餌がついているので基本的にエサを付ける必要はありません。

他に必要な道具

クーラーボックス

特にイワシなどの青物の場合は痛みが速いので美味しく食べるためにはクーラーボックスが必須となります。
クーラーボックスの中にはビニール袋に入れた氷を入れ、釣り場についたら海水を注ぎます。
小魚の場合は釣れたら直接クーラーの中に入れていけば温度差で〆ることが可能です。

水汲みバケツ

クーラーに水を入れたり、手を洗う水を確保するためにはヒモつきのポリバケツが必要です。
またコマセのアミエビを入れておく用の容器もあると便利です。
サビキ釣りに便利な道具集

スポンサーリンク