メバリング

1、ロッド
2、ライン
3、リール
4、仕掛け
5、釣り方

メバリングとは

メバリングタックル
メバリングタックル

メバルは北海道から九州にかけて広く分布し、ウキ釣りを始めこれまでにも色々な釣法で釣られてきたのですが、近年人気を集めているのがメバリングと呼ばれるルアー(疑似餌)を使った釣法です。
メバリングでは左の図のように非常にシンプルな仕掛けにライトなタックルで狙うことができるので、直にアタリを感じることができます。
更にメバルは地域にもよりますがほぼ一年中狙うことができ、都会の港から本格的な磯場まで幅広いフィールドに生息しているのも魅力です。
30cmを超える尺メバルを釣るのは難しいですが、小型であれば最初の一匹を手にするのは初心者にも決して難しくないのでぜひメバリングにチャレンジしてみて下さい。

メバリングタックル

メバリングロッド

バスロッドやエギングロッドでもできないことはありませんがメバリングではとても軽い仕掛けを使用するのでライトゲーム専用のロッドを使った方が仕掛けを操作しやすくなります。
使われるロッドの長さは主に7~8フィート(2.1~2.4m)です。
これは磯竿などと比べるとだいぶ短いですが、そのことによってルアーに細かいアクションを伝えることが容易になります。
長さは堤防や岸壁からなら短め、磯やテトラでは長めといった感じで釣りに行くフィールドに合わせて選びましょう。
またメバルロッドにはソリッドとチューブラの2タイプがあります。
チューブラーは竿の先端部分が空洞で、ソリッドでは詰まっています。
どちらがいいというわけではないのですが、ソリッドは乗りがよく、チューブラーは感度がいいと言われています。両方のタイプが用意されている場合も多いのでお好みの方を購入してみてください。
おすすめのメバリングロッド

ライン

メバリングではラインにナイロンかフロロカーボン素材が使われることが多いです。
PEがあまり使われない理由は軽い仕掛けなのでナイロンと比べてもあまり飛距離に差がでないことや風に弱く絡みやすいことなどが挙げられます。
最近は専用のPEラインも出ていますが慣れない内はナイロンかフロロカーボンをおすすめします。ラインの太さはナイロン・フロロなら2~6lb、PEなら0.3~0.8号ぐらいがよく使われます。

メバリングに適したリール

メバリングで使われるリールは1000~2000番の小型のスピニングリールです。
細いラインを使用しますし、夜釣りで狙うことも多いのでライントラブルは強敵です。
専用のものでなくても大丈夫ですがそれなりにしっかりとしたのを選ぶことをおすすめします。
おすすめのリール

仕掛け

メバリング仕掛け
ジグヘッド・ワーム・フロート・シンカー

最もよく使われるのは0.5~3gのジグヘッドとワームの組み合わせです。
ソフトルアーにも色々書類があって、ピンク、黄色、白、形もシラスっぽいものや甲殻類っぽいものなど様々です。
基本はその時期にその場所でメバルが食べているベイトに近いものを使うのがよいでしょう。
すぐに取りはずせるので釣れないときは色々と試してみましょう。
邪道かもしれませんがジグヘッド+アオイソメでもよく釣れます(笑)。
飛距離を出したいときはジグヘッドの10~30cm上にスプリットショットシンカーやフロートを追加します。
またメバルはメタルジグやミノーなどのハードルアーでも釣ることができます。使われるのはミノーなら3~5cm程度、メタルジグなら2~8gぐらいの小型のものです。
遠投できるのでソフトルアーでは届かないポイントにも手が出せます。

釣り方

メバルの釣れる時期

メバルは地域にもよりますがほぼ一年中狙うことのできる魚です。
では何月頃が一番釣れるシーズンなのでしょうか?
一般には春告げ魚と呼ばれている通り冬から春にかけてがベストシーズンだとされています。
が地域差も大きいようなので地元の釣具店に聞いてみるといいかもしれません。
個人的には12、1月が一番いい思い出が多い時期です(関東)。
梅雨メバルというやつでしょうか6月頃も数はよく釣れる印象があります。
メバルは昼間でも釣れるのですが、日中はそこの方でじっとしていてあまり活発にエサを追いません。なので夜釣りの方が圧倒的に釣りやすくなります。

アクション

ジグヘッド+ワームで釣る場合の基本アクションは低速でのただ巻きになります。
昼間などで活性の低いときはリフト&フォールで誘ってみるといいでしょう(ただし余り激しいアクションは逆効果です)。

スポンサーリンク