千葉のメバル釣果情報

このグラフは下の釣果情報を釣具店等のサイト経由を1、ブログ経由を0.5として7日間毎に数え上げたものです。単純な仕組みですが「今釣れているか」の目安になればと思って作ってみました(読み込みに多少時間がかかることがあります)。

釣具店からの釣果情報


対象地域内の釣具店等のサイトから抽出した釣果情報を表示させて頂いております。

ブログからの情報


主に対象地域で釣りをされていると思われるブロガー様の記事の一部を表示させて頂いております。ブログの推薦、削除依頼はこちらからお願いします。

千葉メバル釣りガイド

メバルとは?

カサゴ目メバル科の魚。これまでは色などの違いは成育環境によるもので全て同一種とされていたが、DNA解析の結果などにより現在ではクロメバル、アカメバル、シロメバルの三種類に分けられている。北海道南部から九州、朝鮮半島南部にかけて分布。体長は20~30cmほどで、名前の由来となっている大きな目を持つのが特徴。肉食で、貝類、ゴカイ類、小型の甲殻類、小魚などを捕食する。ガサ(青森)、テンコ(新潟)、ハチメ(北陸)、マバチメ(石川)、メバリ(松江)、ワイナ(広島)、ホシカリ(対馬)などの地方名がある。

釣り方

ウキ釣り、落とし込み釣り、探り釣り、穴釣りなどの餌釣りやメバリングと呼ばれるルアーフッシングで狙うことができる。
エサ釣りの中でポピュラーなのは電気ウキ(メバルは夜の方が釣れる)を使ったウキ釣りで、エサにはアオイソメやモエビを使用する。

メバルのウキ釣りタックル(竿:磯竿1-1.5号、リール:小型スピニングリール、ライン:ナイロン2号、仕掛け:電気ウキ、ウキ止め、シモリ玉、ガン玉、ハリ(伊勢尼など))
メバルのウキ釣りタックル

メバリングはライトクラスのルアーロッド(専用ロッドが数多く発売されています)に1-4g程度のジグヘッド+ワームを組み合わせて使うのが基本で、手軽さもあり近年非常に人気の高い釣り方となっています。
メバリングのタックル(ロッド:メバリングロッド6-8ft、リール:スピニングリール1000-2500番、ライン:ナイロン、フロロ、エステル3-6lb、ルアー:ジグヘッド1-4g+ワーム)
メバリングのタックル

シーズン

メバルは卵胎生の魚で、多少地域差はあるようですが冬に産卵を行います。
産卵期が近づくと浅瀬にやってきて活発にエサを獲り始め、産卵中は一時的に釣れにくくなりますが、春になると産卵後の荒食いを開始しますが、夏には多くが沖の深場に移動するといわれています。
なのでメバルが釣りやすい時期は秋から春にかけてで、特に初冬と晩春がおすすめです。ただ夏でも全く釣れないということはありません。以下はイメージ。

メバル釣りのシーズン
メバル釣りのシーズン

千葉・湾奥のメバル釣り場

千葉・湾奥でメバルが狙える釣り場をいくつかピックアップしてみました。

浦安電波塔
浦安市にある釣り場。水深が浅いので夜釣りがメイン。サイズは小さめ。
船橋港
船橋市にある釣り場。釣り人は少ないが意外と釣れるらしい。
長浦港
袖ケ浦市にある港。運がよければ数釣りが楽しめる。
木更津港
木更津市にある漁港。魚影は濃く、あぶれることは少ない。
木更津沖堤防
木更津港沖にある堤防。沖堤だけあって良型も期待できる。